ログイン
メインメニュー


logo

リンク集



  メイン  |  登録する  |  人気サイト (top10)  |  高評価サイト (top10)  |  おすすめサイト (7)  |  相互リンクサイト (1)  

  カテゴリ一覧  |  RSS/ATOM 対応サイト (15)  |  RSS/ATOM 記事 (52576)  |  ランダムジャンプ  

メイン  arrow  研究業績  (35)


ソート順:   タイトル ( タイトル (A to Z) タイトル (Z to A)) 日付 ( 日付 (登録日の古い順) 日付 (登録日の新しい順)) 評価 ( 評価 (評価の低い順) 評価 (評価の高い順)) 人気 ( 人気 (ヒット数の少ない順) 人気 (ヒット数の多い順))
現在のソート順サイト: 人気 (ヒット数の少ない順)


訪問 アートスケープ 人気サイト    最終更新日 2007-1-2 22:08
カテゴリ  研究業績
説明
アートスケープは、1995年に開設した「Museum Information Japan (MIJ)」と、インターネット'96ワールドエキスポへの出展サイト「network museum & magazine project(nmp)」を統合して新しくスタートした、大日本印刷株式会社が運営する美術情報満載のwebマガジンです。
月2回の情報更新を行ない、バックナンバー「Archives」も閲覧できます。
また、個展や卒業制作展など自由に投稿できる「これ見て!」や最新の更新情報を紹介する「メールマガジン」も好評です。

ヒット数: 555  
修正  |  リンク切れ報告  |  友達に紹介  |  コメント (0)

訪問 社会的知能発生学研究会 人気サイト    最終更新日 2007-1-2 22:02
カテゴリ  研究業績
説明
本研究会は人間やロボットの知能の原理に迫ることを目的として、身体と環境との物理的相互作用や社会的相互作用、進化の役割などを探求しています。
 具体的には、認知科学、発達心理、脳科学、複雑系など、人や動物のような複雑なシステムの原理を探求する学問からヒントを得ながら、ロボットやシミュレーションなどを用いた構成論的・計算論的アプローチに基づいた議論を展開しています.

ヒット数: 645  
修正  |  リンク切れ報告  |  友達に紹介  |  コメント (0)

訪問 日本ロボット学会 人気サイト    最終更新日 2007-1-2 22:02
カテゴリ  研究業績
説明
日本ロボット学会は、学問領域の進展を目指し、研究発表と技術交流の場を専門家に提供することを目的に1983年1月28日に創立されました。会員数は2000年3月現在、約3,600名そして賛助会員74団体となっています。主要な活動として、学術論文とロボットに関連する最新の状況の解説記事の特集を収録した「日本ロボット学会誌」の発行、欧文誌 "Advanced Robotics"の発行、そして「日本ロボット学会学術講演会」,「ロボティクス・シンポジア」の主催,そして論文賞,実用化技術賞,研究奨励賞を設け,ロボットに関わる分野の学問,技術の奨励を行っています。

ヒット数: 668  
修正  |  リンク切れ報告  |  友達に紹介  |  コメント (0)

訪問 岩波書店『科学』 人気サイト    rss 最終更新日 2007-1-2 22:15
カテゴリ  研究業績
説明
現代科学の営為を多角的にとらえる 『科学』は、科学界と社会を結ぶ雑誌として1931年に石原純、寺田寅彦らによって創刊されて以来、科学の進展と、科学と社会の間で起こるさまざまな問題を見つめてまいりました。今後さらに内容の充実をはかってまいります。
--- 『科学』 ホームページより抜粋

2007年2月号に、「何を創るか?創ると何がおこるか?−日米先端工学シンポジウムより−」が掲載されました。

--- 大武美保子,何を創るか? 創ると何がおこるか?−日米先端工学シンポジウムより−.科学, 岩波書店, Vol.77, No.2, pp.123-124, 2007.

ヒット数: 690  
修正  |  リンク切れ報告  |  友達に紹介  |  コメント (0)  |  RSS

訪問 パネルディスカッション開催報告 Women in Robotics, Human Science and Society 人気サイト    最終更新日 2007-1-2 22:09
カテゴリ  研究業績
説明
3月8日(水)に,国際会議"The 9th International Conference on Intelligent Autonomous Systems (IAS-9) "のプログラムの一環として開催されたパネルディスカッション"Women in Robotics, Human Science and Society"の開催報告.

ヒット数: 695  
修正  |  リンク切れ報告  |  友達に紹介  |  コメント (0)

訪問 さきがけ”なでしこ”キャンペーン 人気サイト    最終更新日 2007-1-2 22:10
カテゴリ  研究業績
説明
さきがけ”なでしこ”キャンペーンに寄稿しました。
なぜ神経に着目するのか、という研究のモチベーションについて書きましたので
ここに掲載します。(2006年5月現在)

大武 美保子(東京大学 総括プロジェクト機構領域創成・学術統合化プロジェクト研究部門 講師)

「シミュレーション技術の革新と実用化基盤の構築」領域研究者
課題名:神経系の双方向マルチスケールシミュレータの開発
  私は、入力が内部状態に埋め込まれていく、自然界の可塑性に興味があります。これまでに、一般に人工筋肉と呼ばれる機能性高分子や、生体の筋肉を対象に研究を行ってきました。生体で一番可塑性が高いのは神経、二番目に筋肉と知り、「これからは神経だ」と確信しました。さきがけに応募したのは、独自の着想をもとに研究プロジェクトを舵取りしたいと考えたためです。さきがけでは、身体運動の情報を処理する神経系を中心に、解剖学、生理学に基づいてモデリングし、ミクロからマクロまでの神経系の状態をシミュレーションする技術を開発しています。さきがけに参加すると、年に数回、領域発表会が開催され、そこで研究発表を行い、研究総括、領域アドバイザー、JSTの方、先輩研究者とディスカッションしたり、アドバイスを頂いたりすることができます。また、困った時には相談に乗って下さいます。さきがけ三年間に、やがて大河、そして大海原になる未来の研究の源流となる泉を生み出していきたいと思います。

ヒット数: 719  
修正  |  リンク切れ報告  |  友達に紹介  |  コメント (0)

訪問 ソフトマテリアル応用部会 人気サイト    最終更新日 2007-1-2 22:03
カテゴリ  研究業績
説明
本部会では以下の分野を担当し、調査・検討を行なっていく.
高分子を中心としたスマートセンサ,及び小型・軽量ソフトアクチュエータに関する研究
上記材料のシステム化における要素技術に関する研究
(材料評価法、材料加工法、モデリング、センシング、制御、システム設計等)
産業化への可能性に関する調査
該当分野の海外における研究状況の調査
バイオ材料をベースとしたシステム応用への可能性に関する研究
上記分野は、ソフトマテリアル機能応用調査研究会の活動において、有効性、可能性の高いことが分かってきた。従って、研究会活動を引き継ぐとともに、調査分野対象をこれまでのソフトアクチュエータ中心から、高分子スマートセンサ等も含んだソフトスマート材料一般に広げ、当該技術へ関心を持つ企業研究者への調査成果の浸透をさらに行なっていく。

ヒット数: 732  
修正  |  リンク切れ報告  |  友達に紹介  |  コメント (0)

訪問 森山和道 人気サイト    rss 最終更新日 2007-1-2 22:09
カテゴリ  研究業績
説明
トップページより:
moriyama.com 森山和道のサイトへようこそ。サイエンスライターをしています。
以前は「書評」のサイトでしたが、今はウェブでの書評は開店休業ですので、看板をおろしました。紙媒体での書評はいろいろやっています。
日記は毎日更新中で、新刊情報やあちこちに書き散らしている記事情報などもそちらで。現在、このドメインで継続更新している、ほとんど唯一のコンテンツです。
なお本は悩むくらいなら買っちゃった方が後悔しないという気持ちは変わらないので、書店で買おうかどうしようかと悩んだら、買いましょう。

ヒット数: 759  
修正  |  リンク切れ報告  |  友達に紹介  |  コメント (0)  |  RSS

訪問 財団法人高度映像情報センター(AVCC) 人気サイト    最終更新日 2007-1-2 22:04
カテゴリ  研究業績
説明
財団法人高度映像情報センター(AVCC)は、教育・能力開発・生涯学習における情報通信・マルチメディアシステムの有効活用と、高度映像情報メディアを活かしたコミュニケーション(情報伝達)の活性化の実現を目指し、1962年より活動してきた厚生労働省・文部科学省認可の公益法人です。

ヒット数: 794  
修正  |  リンク切れ報告  |  友達に紹介  |  コメント (0)

訪問 生化学若い研究者の会 人気サイト    atom 最終更新日 2007-1-2 22:04
カテゴリ  研究業績
説明
生化学若い研究者の会では、日本生化学会後援の元、将来の生命科学を担う大学院生を 中心に研究に携わる様々な方で構成され、全国各地でシンポジウムやセミナーなどの活動を行い、 若い頭脳のネットワークづくりを進めています。

ヒット数: 795  
修正  |  リンク切れ報告  |  友達に紹介  |  コメント (0)  |  ATOM



(1) 2 3 4 »