ログイン
メインメニュー


logo

リンク集



  メイン  |  登録する  |  人気サイト (top10)  |  高評価サイト (top10)  |  おすすめサイト (7)  |  相互リンクサイト (1)  

  カテゴリ一覧  |  RSS/ATOM 対応サイト (15)  |  RSS/ATOM 記事 (52584)  |  ランダムジャンプ  

RSS/ATOM 記事 (52584)

ここに表示されている RSS/ATOM 記事を RSS と ATOM で配信しています。


rss  atom 

【日経バイオテクONLINE Vol.2847】、Wmの憂鬱、高額バイオ薬に対応する真の薬価制度改革  from 日経バイオテクONLINE  (2018-1-23 12:30) 
 今年4月から厳しい薬価制度改定が行われ、長期収載品もやがてジェネリック医薬品並みの薬価に収束し、今まで指定が甘かった新薬創出・適応外約快勝等促進加算はその対象をぐっと絞り込まれました。実際には今までの920品目が540品目まで削減されます。まあ、今までは病院に値引き率と発売年だけで自動的に指定された品目を、革新性と有用性で絞り込み、更に発売する企業の革新的新薬開発姿勢を加味して選抜した結果だから、やむを得ぬ結果であると思います。ここで重要なのは、患者に対する医薬品の革新性と有用性をどう定義するかです。また、革新性や有用性の中に、医療経済的な吟味は含まれるのかなど、重要な問題が曖昧なまま運用されますと、また、財務省の圧力に負けて予算の財源を捻出する裁量行政につながります。製薬業界は一様に苦虫をかみつぶしたように「今回の薬価制度改革によって、革新的創薬の意欲は減退する」と言っているだけでなく、政府にルールの透明化、単純に言えば、革新性と有用性のより明快な定義を明文化するように迫るべきであると考えます。いつまでもテレビドラマ「おしん」のように辛抱するだけでは、リスクを取ることはできません。ぜ ...
Celgene社、CART療法開発のJuno Therapeutics社を約1兆円で買収  from 日経バイオテクONLINE  (2018-1-23 8:55) 
 米Celgene社は、2018年1月22日、キメラ抗原受容体T細胞(CART)療法などを開発する、米Juno Therapeutics社を90億ドル(約1兆円)で買収することを発表した。
アンジェスがコラテジェンを申請  from 日経バイオテクONLINE  (2018-1-23 8:00) 
 アンジェスは2018年1月22日、重症虚血肢を対象とした肝細胞増殖因子(HGF)遺伝子治療薬「コラテジェン」の再生医療等製品としての製造販売承認申請を行ったと発表した。条件及び期限付き承認を目指しており、承認された場合は、国内初の遺伝子治療薬となる。
寛和久満夫の深読み科学技術政策(204回)、次世代放射光施設建設地は東北か  from 日経バイオテクONLINE  (2018-1-23 8:00) 
 文部科学省は2018年1月、軟X線向け高輝度3GeV級放射光施設の建設について、地域及び産業界で構成されるパートナーの公募を開始した。パートナーというのは、放射光施設を誘致しようという地域と産業界の連合体だ。
キャリアアドバイザーの業務日誌(第2回)、同業界で職種を変える転職  from 日経バイオテクONLINE  (2018-1-23 8:00) 
 「製薬企業の研究職として長年勤めてきましたが、この経験は他の職種でも活きるのでしょうか?」。先輩の転職を機に、リクルートエージェントの門をたたいたBさん(30代後半・男性・未婚)は、面談前のメールのやりとりでこう尋ねてきた。
ドイツMerck社、Cancer Research UKなどと提携し新規な癌治療薬の同定を推進  from 日経バイオテクONLINE  (2018-1-23 8:00) 
 英Cancer Research UKのCommercial Partnerships Teamと英癌研究所(ICR)は、2018年1月17日、ドイツMerck KGaA社と、新規癌治療薬の開発を目的とする複数のプロジェクトにおける協力とライセンスに関する契約を結んだと発表した。
Kite社、CART療法とPfizer社の抗4-1BBアゴニスト完全ヒト抗体を併用する臨床試験を開始へ  from 日経バイオテクONLINE  (2018-1-23 8:00) 
 2017年に米Gilead Sciences社に買収された米Kite Pharma社は、2018年1月18日、米Pfizer社と臨床試験実施に関する協力契約を締結したと発表した。
Merck社、キイトルーダを含む併用療法が非扁平上皮NSCLCの1次治療としてOSとPFSを改善  from 日経バイオテクONLINE  (2018-1-22 8:00) 
 米Merck社(米国とカナダ以外の名称:MSD社)は、2018年1月16日、進行非扁平上皮非小細胞肺癌(NSCLC)患者の1次治療を評価したフェーズIIIのKEYNOTE-189において、2つの主要評価項目を達成したと発表した。同試験では、抗PD-1抗体「キイトルーダ」(ペムブロリズマブ)を「アリムタ」(ペメトレキセド)とシスプラチンまたはカルボプラチンと併用し、全生存期間(OS)と無増悪生存期間(PFS)が有意に改善した。
Foundation Medicine社とPfizer社、コンパニオン診断薬の開発で提携  from 日経バイオテクONLINE  (2018-1-22 8:00) 
 スイスRche社傘下である米Foundation Medicine社は、2018年1月16日、米Pfizer社と、コンパニオン診断薬(CDx)の開発と商業化に関する広範な協力契約を締結したことを明らかにした。
富士フイルム、米国CDMO拠点の新生産棟で抗体医薬品の培養タンク2基の運転を開始  from 日経バイオテクONLINE  (2018-1-22 8:00) 
 富士フイルムは2018年1月18日、FUJIFILM Diosynth Biotechnologies(FDB)が進めているバイオ医薬品の開発・製造受託事業(CDMO)の米国テキサス拠点FUJIFILM Diosynth Biotechnologies Texas(FDBT)で、新生産棟を稼働させたと発表した。抗体医薬品を製造する動物細胞培養タンク2基が運転を開始した。英国拠点と連携し、独自の技術基盤「Saturn mAbプラットフォーム」を活用したCDMOの事業推進を強化する。



(1) 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 [5259] »