ログイン
メインメニュー


logo

リンク集



  メイン  |  登録する  |  人気サイト (top10)  |  高評価サイト (top10)  |  おすすめサイト (7)  |  相互リンクサイト (1)  

  カテゴリ一覧  |  RSS/ATOM 対応サイト (17)  |  RSS/ATOM 記事 (56476)  |  ランダムジャンプ  

RSS/ATOM 記事 (56476)

ここに表示されている RSS/ATOM 記事を RSS と ATOM で配信しています。


rss  atom 

【日経バイオテクONLINE】、Mmの憂鬱、抗体誘導体の主戦場となった眼科疾患  from 日経バイオテクONLINE  (2019-10-17 11:00) 
 低分子化抗体、単鎖抗体の実用化第2号が、米国で今月発売されました。2020年特許切れに直面する先行抗体医薬市場を置き換える快挙を成し遂げそうです。患者さんに対するQOLの改善だけでなく、特許切れブロックバスター抗体医薬の救済にも、低分子抗体は効果を発揮しつつあるのです。まさにバイオ後続薬キラーです。数多ある抗体誘導体の中でも単鎖抗体が有望株として浮かび上がって参りました。 ◎参考記事 バイオ後続薬を滅ぼすか?低分子抗体の実用化 https://bio.nikkeibp.co.jp/atclwm/column/19/04/08/00460/?ST=wm  ここからは申し訳ありませんが有料で全文をお楽しみ願います。Mmの憂鬱Premiumサイト(https://bio.nikkeibp.co.jp/wm/ )からならお得な料金(個人カード払い限定、月間500円で読み放題)で購読いただけます。以前のバックナンバーもまとめてお読みいただけます。 ※日経バイオテクONLINEの読者は、日経バイオテクONLINEのサイトから記事にアクセス願います。
中国CTFH社とInsilico Medicine社、AIを利用した画期的新薬開発で協力  from 日経バイオテクONLINE  (2019-10-17 8:00) 
 中国Jiangsu Chia Tai FengHai pharmaceutical(CTFH)社は、2019年10月9日、AIを用いた新薬開発を推進する香港Insilico Medicine社と、AI創薬の推進に関する協力契約を結んだと発表した。
英GSK社、米Lyell社と固形癌に対するT細胞療法の開発で提携  from 日経バイオテクONLINE  (2019-10-17 8:00) 
 GlaxoSmithKline(GSK)社は2019年10月8日、免疫細胞機能の最適化技術を持つ米Lyell Immunopharma社と、癌の細胞医薬に関する5年間の共同開発契約を締結したと発表した。固形癌の治療にも適応可能なT細胞に改変するLyell社の技術を最大限に活用し、GSK社のパイプライン強化を図る。
米MGH、ALSに5品目の候補品を同時並行で評価する臨床試験開始  from 日経バイオテクONLINE  (2019-10-17 8:00) 
 米Massachusetts General Hospitalの筋萎縮性側索硬化症(ALS)専門の研究開発センターSean M. Healey & AMG Center(Healey Center)は、2019年9月18日、ALSの治療薬開発を加速するための臨床試験として、「HEALEY ALS Platform Trial」を開始すると発表した。同じインフラと基盤プロトコルを用いて異なる治療薬を評価するプラットフォームトライアルと呼ぶデザインで初めて実施する。評価する開発候補5品目が決まった。
厚労省、癌の全ゲノム解析等の実行計画の年内策定へ向けて初会合  from 日経バイオテクONLINE  (2019-10-17 8:00) 
 厚生労働省は、2019年10月16日、第1回がんに関する全ゲノム解析等の推進に関する部会(座長:静岡県立静岡がんセンターの山口健総長)を開催した。同部会は、癌や難病等のゲノム医療を推進するという政府の方針を受けて発足したもので、別途立ち上がった、難病に関するゲノム医療の推進に関する検討会(座長:国立精神・神経医療研究センターの水澤英洋理事長)と並行して議論を進め、2019年12月中に実行計画をとりまとめる予定だ。
イノベーションの系譜─ヘムライブラ誕生の舞台裏 第4回、克服された製造面の課題  from 日経バイオテクONLINE  (2019-10-17 8:00) 
 中外製薬は2001年12月にスイスRoche社と戦略的アライアンスの契約を締結し、その資本傘下に入ることを決めた。Roche社が中外製薬の株式の50.1%を保有するが、社名は変えず、代表者には中外製薬社長の永山治が就任し、マネジメントも独自に行う。そんな合意の下、中外製薬は2002年10月にRoche社の日本法人である日本ロシュと合併し、新しい経営体制がスタートした。
Oncology◎ESMO2019、未治療の切除不能進行肝細胞癌にアテゾリズマブとベバシズマブの併用が有効  from 日経バイオテクONLINE  (2019-10-17 8:00) 
 未治療の切除不能進行肝細胞癌(HCC)に、抗PD-L1抗体アテゾリズマブと抗VEGF抗体ベバシズマブの併用が有効な可能性が改めて示された。
Oncology◎ESMO2019、既治療のFGFR2遺伝子転座を持つ進行胆管癌に選択的FGFR阻害薬pemigatinibが有効  from 日経バイオテクONLINE  (2019-10-17 8:00) 
 既治療のFGFR2遺伝子転座(融合/再構成)を有する進行胆管癌への、選択的FGFR1、2、3阻害薬であるpemigatinib(INCB054828)の効果が検証された。
Oncology◎ESMO2019、オシメルチニブはEGFR変異陽性進行NSCLCのOSを第1世代EGFR-TKIよりも有意に延長、死亡  from 日経バイオテクONLINE  (2019-10-17 8:00) 
 未治療のEGFR変異陽性進行非小細胞癌(NSCLC)を対象にしたフェーズ3試験であるFLAURA試験の結果、第3世代EGFR-TKIオシメルチニブを投与した群が、対照群である第1世代EGFR-TKI(ゲフィチニブまたはエルロチニブ)を投与した群よりも有意に全生存期間(OS)を延長することが示された。
農水省の通知で国産ゲノム編集食品の届け出制度が整う  from 日経バイオテクONLINE  (2019-10-16 8:00) 
 栽培や養殖などにより日本で生産されるゲノム編集生物を用いた食品を実用化する枠組みが整った。農林水産省が「農林水産分野におけるゲノム編集技術の利用により得られた生物の生物多様性影響に関する情報提供等の具体的な手続きについて」を2019年10月9日に通知し、届け出の事前相談を受け付ける体制を整えた。 関連記事:厚労省と消費者庁がゲノム編集食品の取扱いを通知、農水省は対応急ぐ



(1) 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 [5648] »