ログイン
メインメニュー


logo

リンク集



  メイン  |  登録する  |  人気サイト (top10)  |  高評価サイト (top10)  |  おすすめサイト (7)  |  相互リンクサイト (1)  

  カテゴリ一覧  |  RSS/ATOM 対応サイト (17)  |  RSS/ATOM 記事 (57861)  |  ランダムジャンプ  

RSS/ATOM 記事 (57861)

ここに表示されている RSS/ATOM 記事を RSS と ATOM で配信しています。


rss  atom 

製薬協中山会長、ポストコロナ「国民の自由と規制」の議論を  from 日経バイオテクONLINE  (2020-6-1 8:00) 
 製薬企業は、治療薬やワクチンなどの研究開発の担い手となる一方、医療に必要な医薬品の供給者としての責任を負っている。研究開発型の製薬企業の業界団体である日本製薬工業協会(製薬協)は、新型コロナウイルスの感染拡大の経験を経て、6月にも政府に政策提言を行う方針だという。ポストコロナ時代に何を求めるのか。製薬協の中山讓治会長に聞いた(インタビューは5月22日に実施)。
国衛研、新型コロナのPCR検査向けにプライマーの交差性解析システムを開発  from 日経バイオテクONLINE  (2020-6-1 7:00) 
 国立医薬品食品衛生研究所(国衛研)遺伝子医薬部は、2020年5月29日までに、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)のPCR検査を開発する研究者や企業向けに、プライマーやプローブの塩基配列と新型コロナウイルス感染症(COVID-19)関連生物種の核酸配列との交差性(相補性)を確認できる「COVID-19プライマー交差性解析システム」を開発した。COVID-19関連生物種のゲノムデータベースを構築したことにより、高速塩基配列検索ソフトウェア「GGGenome(ゲゲゲノム)」で一括して検索ができるようになった。
伊藤勝彦の業界ウォッチ、武田薬品の期待の売却候補、買い手は見つからず  from 日経バイオテクONLINE  (2020-6-1 7:00) 
 武田薬品工業は2020年5月29日、炎症性腸疾患治療薬候補のSHP647(ontamalimab)が売却できず、開発を中止すると発表した。
Buzzreach、COVID-19撲滅目指すコホートを立ち上げ  from 日経バイオテクONLINE  (2020-6-1 7:00) 
 治験情報サイトを運営するBuzzreach(東京・品川、猪川崇輝代表取締役)は2020年5月29日、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の撲滅に向けたウェブサイト「Covid-19 Cohort Study Site」をリリースしたと発表した。
厚労省第二部会、ノバルティスの気管支喘息治療薬の承認など了承  from 日経バイオテクONLINE  (2020-6-1 7:00) 
 厚生労働省は2020年5月28日、薬事・食品衛生審議会医薬品第二部会をWeb会議形式で開催。ノバルティスファーマの「エナジア吸入用カプセル」(インダカテロール・グリコピロニウム・モメタゾン)など5品目の新規承認と、1品目の一部変更承認などが了承された。順調に進めば6月中に承認される見込みだ。
米Merck社、新型コロナワクチン開発中の豪Themis社を買収  from 日経バイオテクONLINE  (2020-6-1 7:00) 
 米Merck社は2020年5月26日、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対するワクチンを開発しているオーストリアThemis Bioscience社を買収すると発表した。Themis社は現在、同ワクチン候補を前臨床開発まで進めており、Merck社はThemis社を完全子会社化してその開発プログラムを引き継ぎ、2020年後半には臨床入りさせる計画だ。
日本政府が第2次補正予算で新型コロナワクチンなどに609億円を配分  from 日経バイオテクONLINE  (2020-6-1 7:00) 
 日本政府は、2020年5月27日に閣議決定した第2次補正予算案で、新型コロナウイルス感染症対策に関する研究開発に対して609億円を計上した。そのうち550億円を、日本医療研究開発機構(AMED)を通じて配分する。ワクチンや治療薬の開発に追加支援する他、文部科学省が「リモート実験」にも予算を計上している。
厚労省第一部会、田辺三菱とGSKのHIF活性化薬の承認など了承  from 日経バイオテクONLINE  (2020-6-1 7:00) 
 厚生労働省は2020年5月29日、薬事・食品衛生審議会医薬品第一部会をWeb会議形式で開催。田辺三菱製薬の低酸素誘導因子(HIF)活性化薬である「バフセオ錠」(バダデュスタット)など6品目の新規承認と、2品目の一部変更承認などが了承された。順調に進めば6月中に承認される見込みだ。
真珠アコヤガイのゲノム最前線(1)、OISTと水産機構、三重県、ミキモト、アコヤガイのゲノムを染色体スケー  from 日経バイオテクONLINE  (2020-6-1 7:00) 
 沖縄科学技術大学院大学(OIST)などの研究グループが、日本が世界に誇る宝飾品、真珠の養殖生産に利用されているアコヤガイのゲノムをほぼ完全に解読した。1.1Gbp(11億塩基対)の核ゲノムを構成する染色体スケールで、DNA配列情報をつなぎ合わせる(アッセンブルする)ことに成功した。真珠は、日本における真珠養殖業の生産額が年100億円規模で、真珠宝飾品の日本小売り市場が年1500億円規模、日本からの真珠輸出額が年300億円強。2016年6月には議員立法により真珠振興法が公布・施行された。
業界こぼれ話、新型コロナががん免疫療法を揺らす  from 日経バイオテクONLINE  (2020-6-1 1:00) 
 新型コロナウイルスの感染拡大は、その病気(COVID-19)自体にとどまらず、がん医療にも影響が及んでいる。乳がんの術後放射線治療を受けていた著名な女優が新型コロナウイルスによる肺炎で死亡したことをきかっけに、同様の治療をためらう患者が続出した。これを受け日本放射線腫瘍学会が「早期乳がん手術後に行われる放射線治療は、体への侵襲が少なく、免疫機能の低下はほとんどありません」というステートメントを公表する事態に至ったのはその一例だ。



(1) 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 [5787] »