ログイン
メインメニュー


logo

リンク集



  メイン  |  登録する  |  人気サイト (top10)  |  高評価サイト (top10)  |  おすすめサイト (7)  |  相互リンクサイト (1)  

  カテゴリ一覧  |  RSS/ATOM 対応サイト (18)  |  RSS/ATOM 記事 (62108)  |  ランダムジャンプ  

RSS/ATOM 記事 (62108)

ここに表示されている RSS/ATOM 記事を RSS と ATOM で配信しています。


rss  atom 

バイオベンチャー株価週報、キャンバスが第2相経過良好で連続S高、ファーマフーズ、坪田ラボ、ソレイジアが  from 日経バイオテクONLINE  (2022-9-22 20:00) 
 日本の株式市場に上場するバイオスタートアップの株価を週ごとにウォッチしていく「バイオベンチャー株価週報」。2022年9月22日木曜日の終値が、前週の週末(9月16日)の終値に比べて上昇したのは5銘柄、不変だったのは2銘柄、下落したのは43銘柄だった。
特集◎世界が注目する新規モダリティ、mRNA医薬の可能性、NCNPの青木氏、複数の神経難病に核酸医薬やmRNA医  from 日経バイオテクONLINE  (2022-9-22 7:00) 
 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)を契機に、新規モダリティであるmRNA医薬への注目が高まっている。アカデミアの研究者として、複数の神経難病を対象に、アンチセンス核酸やmRNA医薬、ゲノム編集療法など複数のモダリティの研究開発を進めている国立精神・神経医療研究センター(NCNP)神経研究所遺伝子疾患治療研究部の青木吉嗣部長は、mRNA医薬の利点や欠点についてどのように考えているのだろうか。青木部長が2022年7月5日、本誌の取材に応じた。
イスラエル発AI企業のCytoReason社が米Pfizer社との契約を拡大、最大約154億円を調達  from 日経バイオテクONLINE  (2022-9-22 7:00) 
 イスラエルCytoReason社は2022年9月20日、米Pfizer社とAI(人工知能)創薬に関する提携を拡大したと公表した。2019年に提携を開始してから、Pfizer社は免疫介在性疾患や免疫腫瘍性疾患に対する複数の研究プロジェクトでCytoReason社のAI技術を活用してきた。CytoReason社は今後5年間で最大1億1000万ドル(約154億円)をPfizer社から受け取る可能性があるという。
キーワードを専門誌記者が解説、医薬品医療機器等法(薬機法)とは  from 日経バイオテクONLINE  (2022-9-22 7:00) 
 「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律」のこと。医薬品医療機器等法や薬機法と略される。
ベンチャー探訪、ACCELStars、睡眠・覚醒リズムを判定するアルゴリズムを事業化  from 日経バイオテクONLINE  (2022-9-22 7:00) 
 ACCELStars(福岡県久留米市、アクセルスターズ)は、睡眠状態と覚醒状態を判定する独自の手法「ACCEL」を活用し、睡眠障害に関連する疾患の予防、診断、治療を目指すスタートアップだ。東京大学大学院医学系研究科の上田泰己教授が2020年8月に設立した。
NTTデータなど、同意未取得の医療データ9万5000人分を誤って取得し提供  from 日経バイオテクONLINE  (2022-9-22 7:00) 
 政府の医療ビッグデータの事業で、個人からの同意を得ていない約9万5000人分の医療データ(匿名加工済み)が、ライフデータイニシアティブ(LDI、京都市)とNTTデータから研究者などに提供されていたことが、2022年9月20日に明らかになった。NTTデータによるプログラムの不具合によるもので、主務省庁(内閣府・文部科学省・厚生労働省・経済産業省)は同日、事案の詳細や原因、再発防止策などを2週間以内に報告するよう求めた。
米UCSF、変異型KRASに結合して細胞表面に誘導し免疫系に認識させる低分子を発見  from 日経バイオテクONLINE  (2022-9-22 7:00) 
 米University of California, San Francisco(UCSF)の研究者は、変異型KRASに結合してその機能を阻害し、かつ変異型KRASとの複合体が免疫細胞から外来の分子として認識されるようになる低分子化合物を発見した。免疫系にがん細胞を認識させ破壊させるための、新たな抗がん薬候補になる。研究の詳細は、Cell Cancer誌2022年9月12日号に報告された。
業界こぼれ話、ついに詐欺師も登場か?高まる培養肉ブーム  from 日経バイオテクONLINE  (2022-9-22 7:00) 
 本誌でも度々取り上げている培養肉ビジネスも、いよいよ世間ではやり始めてきたようだ。「培養肉詐欺」の疑いがある噂を耳にした。
業界こぼれ話、グローバルヘルス組織の前代表が来日して語ったこと  from 日経バイオテクONLINE  (2022-9-22 7:00) 
 スイスのジュネーブに本部を置く、Drugs for Neglected Diseases initiative(DNDi)という国際的な非営利の研究開発組織がある。シャーガス病やリーシュマニア症など「顧みられない熱帯病(NTDs)」と呼ばれる病気の治療薬開発に取り組むグローバルヘルス組織で、2003年に設立された。
《日経メディカルより》がん細胞が臓器で排除されない仕組みが分かってきた、腎臓の代償性肥大の仕組みを悪  from 日経バイオテクONLINE  (2022-9-22 7:00) 
 がん化した細胞が増殖・浸潤する際、腎臓の代償性肥大の仕組みを悪用している──。



(1) 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 [6211] »