ログイン
メインメニュー


logo

リンク集



  メイン  |  登録する  |  人気サイト (top10)  |  高評価サイト (top10)  |  おすすめサイト (7)  |  相互リンクサイト (1)  

  カテゴリ一覧  |  RSS/ATOM 対応サイト (17)  |  RSS/ATOM 記事 (55820)  |  ランダムジャンプ  

メイン  arrow  研究業績

訪問 BTJジャーナル 人気サイト    rss 最終更新日 2007-1-27 15:38
カテゴリ  研究業績
説明
「BTJジャーナル」は、全国5万人以上のバイオ研究者のコミュニティ「バイオテクノロジー・ジャパン」がお届けする、バイオ研究者のキャリア/スキルアップのための無料で読むことができる月刊のPDFマガジンです。
--- トップページより

ヒット数: 1644  
修正  |  リンク切れ報告  |  友達に紹介  |  コメント (0)  |  RSS

RSS feed   rss  最終更新日 2019-6-27 3:30

カルナバイオ、米Gilead社と総額約500億円のライセンス契約 (2019-6-26 12:58)
 キナーゼ阻害薬の研究開発を手がけるカルナバイオサイエンスは2019年6月25日、米Gilead Sciences社とライセンス契約および技術提携契約を締結したと発表した。Gileadはカルナバイオが新規癌免疫薬として創製した低分子脂質キナーゼ阻害薬について全世界の権利を獲得する他、カルナバイオの脂質キナーゼ阻害薬探索技術を独占的に使用することが一定期間可能になる。カルナバイオは同日、2019年12月業績予想で営業損益を黒字に上方修正した。
主要バイオ特許の登録情報、2019年6月19日発行分(登録番号・発明の名称・出願人・要約) (2019-6-26 8:00)
一般社団法人発明推進協会が発行する「特許公報」2019年6月19日発行分より、バイオ関連と判断できる主な特許の登録情報を以下に掲載します。
小崎J太郎のカジュアルバイオ、抗加齢医学会が作成を始める「エピジェネティック時計」とは何か (2019-6-26 8:00)
 日本抗加齢医学会(理事長:堀江重郎・順天堂大学泌尿器科学教授)が会員自らの全ゲノム解析を行い、解析結果をアンチエイジング研究に役立てる「アンチエイジング全ゲノム解析」臨床研究プロジェクトを開始する。
米Voyager社、仏Sanofi Genzyme社が一部オプション権手放すなど契約変更 (2019-6-26 8:00)
 アデノ随伴ウイルス(AAV)ベクターを利用して、中枢神経系(CNS)疾患に対する遺伝子治療の研究開発に取り組んでいる米Voyager Therapeutics社は、2019年6月17日、米Sanofi Genzyme社と2015年に結んだ遺伝子 ...
Pfizer社、MEK阻害薬やBRAF阻害薬を有する米Array Biopharma社を買収へ (2019-6-26 8:00)
 米Pfizer社と米Array Biopharma社は、2019年6月17日、正式な買収契約を結んだと発表した。
主要バイオ特許の公開情報、2019年6月20日発行分(公開番号・発明の名称・出願人・要約) (2019-6-26 8:00)
一般社団法人発明推進協会が発行する「特許公報」2019年6月20日発行分より、バイオ関連と判断できる主な特許の公開情報を以下に掲載します。
米BD社Kaltenbach氏、「FACSは免疫領域での用途開発など研究推進」 (2019-6-26 8:00)
 医療機器や診断薬、ライフサイエンス関連製品を扱う米Becton, Dickinson社は、2017年、同業の米C. R. Bard社を240億ドルで買収し、2018年の売上高は約160億ドル(約1兆7300億円)に達した。同社の事業セグメン ...
【詳報】、AMED、超高齢化対応策の世界的コンペ事業に参画 (2019-6-26 8:00)
 日本医療研究開発機構(AMED)は2019年6月25日に記者会見を開催し、末松誠理事長は国際化に向けた取り組みとして世界的なコンペ事業「Health Longevity Grand Challenge」に参画したことを明らかにした。この ...
寛和久満夫の深読み科学技術政策第273回、AMED予算の「調整費」が使いやすいワケ (2019-6-25 8:00)
 AMEDに調整費80億円超が配分されたとのニュースを先日報じた。この調整費とは一体何なのか、知っている読者は案外少なくないのではないだろうか。なぜ年度途中に配分されるのか、そもそもなぜ調整費ができたの ...
英GSK社、米California大学と共同でCRISPR技術を活用するゲノム研究の新施設建設へ (2019-6-25 8:00)
 GlaxoSmithKline(GSK)社は2019年6月13日、University of Californiaと5年間のゲノム共同研究契約を締結し、ゲノム編集技術CRISPRを活用する研究活動のための研究所「Laboratory for Genomics Research(LGR ...

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。