ログイン
メインメニュー


logo

リンク集



  メイン  |  登録する  |  人気サイト (top10)  |  高評価サイト (top10)  |  おすすめサイト (7)  |  相互リンクサイト (1)  

  カテゴリ一覧  |  RSS/ATOM 対応サイト (15)  |  RSS/ATOM 記事 (53551)  |  ランダムジャンプ  

メイン  arrow  研究業績

訪問 BTJジャーナル 人気サイト    rss 最終更新日 2007-1-27 15:38
カテゴリ  研究業績
説明
「BTJジャーナル」は、全国5万人以上のバイオ研究者のコミュニティ「バイオテクノロジー・ジャパン」がお届けする、バイオ研究者のキャリア/スキルアップのための無料で読むことができる月刊のPDFマガジンです。
--- トップページより

ヒット数: 1540  
修正  |  リンク切れ報告  |  友達に紹介  |  コメント (0)  |  RSS

RSS feed   rss  最終更新日 2018-6-19 11:47

政府の統合イノベーション戦略、重点領域の1つに「バイオテクノロジー」 (2018-6-19 8:00)
 政府は、2018年6月15日、科学技術政策を取りまとめた「統合イノベーション戦略」を閣議決定した。同戦略の重点領域の1つに、「バイオテクノロジー」が挙げられている。バイオテクノロジーに関する中身をみると、農業や工業が中心で、創薬や医療分野に関する言及はほぼ無かった。
厚労行政を斬る、医療や薬事規制はイノベーションに追いつけるか (2018-6-19 8:00)
 近年の人工知能(AI)やICT、IT、IoT技術などの、劇的ともいえる進歩は、従来型の常識を根底から覆しつつあり、その大波は、一般社会のみならず、医療分野にも押し寄せている。このような科学技術の進歩をいか ...
英Juvenescence社、シリーズAで5000万ドルの資金調達に成功 (2018-6-19 8:00)
 英国Juvenescence Limited社は、2018年6月11日、資金調達の最初のラウンドであるシリーズAにおいて、5000万ドルに上る資金調達に成功した。同社は、加齢を減速、停止させ、さらには逆行させる治療を開発してい ...
大阪北部の地震、製薬、ベンチャー企業などへの影響は限定的 (2018-6-19 8:00)
 2018年6月18日朝に発生した大阪府北部を震源とする地震の製薬企業などへの影響は、今のところ限定的なものにとどまっている模様だ。
ゲノム編集CRISPR-Cas9、編集効率を左右する癌抑制遺伝子p53の機構解明が急務 (2018-6-19 8:00)
 ゲノム編集技術CRISPR-Cas9の活用において、癌抑制遺伝子産物の1つであるp53の活性化機構を十分に理解することの重要性が示された。CRISPR-Cas9によるゲノム編集とp53との関連について、スウェーデンKarolinsk ...
早大、千葉大ミオシンの改変で原形質流動を制御 (2018-6-19 8:00)
 早稲田大学教育・総合科学学術院 統合細胞生物学研究室の富永基樹准教授と千葉大学大学院・理学研究院・生物分子モーター研究室の伊藤光二教授が、ミオシンを改変することによって、細胞内の原形質流動を制御 ...
【日経バイオテクONLINE Vol.2947】、Wmの憂鬱、希少疾患治療を革新する化学シャペロンがとうとう発売 (2018-6-19 8:00)
 さて皆さん、希少病の治療方策として画期的な方法が我が国でも先月実用化されたことをご存じでしょうか? 従来の方法は、酵素補充療法と遺伝子治療の2つしか無かったのですが、第3番目の方法として、化学シャ ...
Charpentier氏らのCRISPR/Cas9基本特許が日本で成立 (2018-6-18 8:00)
 アイルランドERS Genomics社は2018年6月15日、1本鎖gRNA形式によるCRISPR/Cas9技術とその用途に関する特許が日本で初めて成立したと発表した。ERS Genomics社の共同設立者であるEmmanuelle Charpentier博士と ...
東北大、2018年度中に網膜色素変性症の医師主導治験を開始 (2018-6-18 8:00)
 東北大学大学院医学系研究科教授の阿部俊明氏や同助教の永井展裕氏の研究グループは、埋め込み型徐放デバイスを利用して網膜色素変性症を対象にした医師主導治験を2018年度中に始める予定だ。網膜色素変性症は ...
富士ソフト子会社、自家インプラント型再生軟骨を承認申請 (2018-6-18 8:00)
 富士ソフトの子会社である富士ソフト・ティッシュエンジニアリングが、2018年6月14日に自家のインプラント型再生軟骨を再生医療等製品として厚生労働省に承認申請を行ったことが、本誌の取材で明らかになった ...

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。