ログイン
メインメニュー


logo

リンク集



  メイン  |  登録する  |  人気サイト (top10)  |  高評価サイト (top10)  |  おすすめサイト (7)  |  相互リンクサイト (1)  

  カテゴリ一覧  |  RSS/ATOM 対応サイト (17)  |  RSS/ATOM 記事 (59573)  |  ランダムジャンプ  

メイン  arrow  研究業績

訪問 BTJジャーナル 人気サイト    rss 最終更新日 2007-1-27 15:38
カテゴリ  研究業績
説明
「BTJジャーナル」は、全国5万人以上のバイオ研究者のコミュニティ「バイオテクノロジー・ジャパン」がお届けする、バイオ研究者のキャリア/スキルアップのための無料で読むことができる月刊のPDFマガジンです。
--- トップページより

ヒット数: 1837  
修正  |  リンク切れ報告  |  友達に紹介  |  コメント (0)  |  RSS

RSS feed   rss  最終更新日 2021-5-14 13:50

今年は臨床試験のブロックチェーン化元年、サスメドがサービス提供を本格化 (2021-5-14 7:00)
 今年は臨床試験におけるブロックチェーン技術の普及が始まった初めての年と記憶されるかもしれない。臨床試験のコストを大きく下げることに貢献すると期待されるブロックチェーン技術の開発を進めるサスメド(東京・中央、上野太郎代表取締役社長)が、ブロックチェーン技術を使った臨床試験データ管理サービスの提供を本格化している。4月21日、上野代表取締役社長が日経バイオテクのインタビューに応じ、事業の概要を紹介した。
伊藤勝彦の業界ウォッチ、小野薬品が業績を下方修正、決算発表から2日後のその事情 (2021-5-14 7:00)
 小野薬品工業は2021年5月13日、2022年3月期の業績予想を下方修正した。同社は2日前の11日に、2021年3月期の決算発表会見を開催して、2022年3月期の業績予想を公表したばかりだった。わずか2日間で下方修正する ...
World Trendアジア、CDMOに勝機あり、台湾バイオテク産業の針路 (2021-5-14 7:00)
 製品の開発製造受託を表す「CDMO」は、台湾バイオテク産業の近況を語る上で、外せないキーワードだ。台湾政府は2021年3月、租税優遇を定めたバイオ新薬産業発展条例(生技新薬産業発展条例)の対象に、再生医 ...
J-TECが中計発表、2023年度に黒字化、2025年度に売上高50億円目指す (2021-5-14 7:00)
 再生医療関連の事業を手掛けるジャパン・ティッシュ・エンジニアリング(J-TEC)は2021年5月11日、2020年度決算および中期経営計画説明会を開催した。中期経営計画では2024年3月期に黒字化を実現し、5年後の20 ...
ちとせグループ、藻類活用企業連携「MATSURI」を20機関で始動 (2021-5-14 7:00)
 バイオベンチャー企業群であるちとせグループ(統括するCHITOSE BIO EVOLUTION PTE. LTD.の本社はシンガポール)は2021年5月13日、微細藻類(以降、藻類と記載)を活用した日本発の企業連携型プロジェクト「MA ...
小崎J太郎のカジュアルバイオ、Pfizer製ワクチンは変異株にも中和抗体を誘導、横浜市大グループが独自測定 (2021-5-14 7:00)
 横浜市立大学学術院医学群臨床統計学の山中竹春教授、同微生物学の梁明秀教授、宮川敬准教授、同大学附属病院感染制御部の加藤明秀部長らの研究グループは、独自に開発した中和抗体測定法を用いて、米Pfizer社 ...
エーザイ、AD症疾患修飾薬を目指すアデュカヌマブの米国審査期日が迫る (2021-5-14 7:00)
 エーザイは2021年5月12日、2021年3月期の決算説明会をオンラインで開催した。業績は減収大幅な減益となった。今回の説明会ではエーザイが開発する4つのアルツハイマー型認知症(AD)の疾患修飾薬(Disease Mod ...
業界こぼれ話、インドのコロナ流行で研究活動に余波 (2021-5-13 7:00)
 近年、研究開発部門が化合物の合成や実験データの取得に医薬品開発業務受託機関(CRO)を活用する機会が増えている。大手製薬企業も、日常的にCROなどの受託サービスを使っているところが少なくない。スタート ...
ベンチャー探訪、SENTAN Pharma、創薬プラットフォーム技術を確立して再びシーズ開発へ (2021-5-13 7:00)
 スタチン封入ナノ粒子製剤の開発を進めていたSENTAN Pharma(福岡県福岡市、永井朋子代表取締役社長)が事業を再編し、健康食品開発事業を軌道に乗せる。一方、創薬プラットフォーム技術とサービス提供基盤を ...
日本化薬、2021年3月期は医薬事業が増収増益、バイオシミラー好調で (2021-5-13 7:00)
 日本化薬は2021年5月12日、2021年3月期通期業績に関する説明会を開催した。売上高は1734億円(前年同期比1.0%減)、営業利益は152億円(同13.1%減)で減収減益となった。医薬事業セグメントは、COVID-19の感 ...

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。