ログイン
メインメニュー


logo

リンク集



  メイン  |  登録する  |  人気サイト (top10)  |  高評価サイト (top10)  |  おすすめサイト (7)  |  相互リンクサイト (1)  

  カテゴリ一覧  |  RSS/ATOM 対応サイト (15)  |  RSS/ATOM 記事 (55247)  |  ランダムジャンプ  

RSS/ATOM 記事 (55247)

ここに表示されている RSS/ATOM 記事を RSS と ATOM で配信しています。


rss  atom 

ベンチャー探訪、エーアイシルク(AI SILK)  from 日経バイオテクONLINE  (2019-3-25 0:36) 
 エーアイシルクは、導電性高分子を化学重合で生地に付着させることでシルク素材に導電性を持たせる独自技術を持つ。この技術を利用して、素肌に優しい導電性テキスタイルの開発を進めている。天然由来のシルク(絹糸)を用いて、染色の技法で作製する導電性繊維を「エーアイシルク」と名付けた。導電性高分子を印刷することで、必要な部分にだけ導電性を持たせたシルク生地を製造できるという。
審査報告書を読む、「セリンクロ錠」 ナルメフェン塩酸塩  from 日経バイオテクONLINE  (2019-3-25 0:35) 
 今回は、大塚製薬が承認申請し、2019年2月に「アルコール依存症患者における飲酒量の低減」の効能・効果で承認された「セリンクロ錠」(ナルメフェン塩酸塩)を取り上げる。
若手研究者の肖像(第44回)、大阪大学大学院医学系研究科遺伝子治療学 二村圭祐 准教授  from 日経バイオテクONLINE  (2019-3-25 0:34) 
 どのようにゲノムから遺伝子が読み取られ、いつどこでどのぐらいの量の遺伝子(形質)が発現するのか――。ヒトゲノム解読から20年近くたつ今も、遺伝子発現制御の仕組みはその一端しか解明されていないのが実情だ。そんな複雑な遺伝子発現制御の仕組みを解明し、活用しようと取り組み続けているのが、大阪大学大学院医学系研究科遺伝子治療学准教授の二村圭祐だ。
リポート、企業研究◎武田薬品工業  from 日経バイオテクONLINE  (2019-3-25 0:33) 
 まず、武田薬品工業の研究開発の生産性を検証する。
特集、細胞医薬の製造工程の機械化  from 日経バイオテクONLINE  (2019-3-25 0:32) 
 間葉系幹細胞(MSC)や胚性幹(ES)細胞、iPS細胞などを用いた細胞医薬の他、遺伝子治療でも、キメラ抗原受容体T細胞(CART)療法のように、体外で細胞に遺伝子を導入する場合には、細胞を培養や加工する必要がある。従来、こうした細胞の培養や加工は手作業で行われてきたが、臨床での実用化の進展に伴い、製造工程の機械化が検討されるようになってきた。本稿では、これら細胞ベースの医薬品を広義の「細胞医薬」として、その機械化の動向をまとめる。
オンライン閲覧TOP15、2019年3月5日から2019年3月15日まで  from 日経バイオテクONLINE  (2019-3-25 0:31) 
2019年3月5日から2019年3月15日までの閲覧数に基づき作成した(本誌に掲載しているオンライン閲覧TOP15を掲載しました)。
編集長の目、抗体医薬の製造技術、陳腐化の証し  from 日経バイオテクONLINE  (2019-3-25 0:30) 
 富士フイルムは、米Biogen社の製造子会社であるデンマークBiogen (Denmark) Manufacturing社を約8億9000万ドル(約980億円)で買収すると発表した。
J-TEC、自家培養角膜上皮を承認申請  from 日経バイオテクONLINE  (2019-3-22 8:00) 
 ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング(J-TEC)は、2019年3月20日、角膜上皮幹細胞疲弊症を対象とした、自家培養角膜上皮(開発名:EYE-01M)について厚生労働省に製造販売承認申請を行ったと発表した。
Spiber、アデランスと構造蛋白質を用いた毛髪素材を開発へ  from 日経バイオテクONLINE  (2019-3-22 8:00) 
 Spiber(山形県鶴岡市、関山和秀代表執行役)は、2019年3月19日、アデランス(東京・新宿、津村佳宏社長)と、構造蛋白質を活用したウィッグ用の新規の毛髪素材の開発に向けた共同研究を開始すると発表した。
第18回日本再生医療学会総会、JSRM、Nature誌に改めて反論「全ての製品でRCT必須と考えていない」  from 日経バイオテクONLINE  (2019-3-22 8:00) 
 第18回日本再生医療学会総会が、2019年3月21日から23日まで神戸市で開催中だ。3月20日、日本再生医療学会(JSRM)が記者会見を開催。同学会の澤芳樹理事長や今回の学会総会の会長を務める汐田剛史理事らが登壇。澤理事長は、Nature誌に掲載された、日本の再生医療等製品に対する承認制度などを批判する記事に対して、改めて「必ずしも全ての再生医療等製品で無作為化比較臨床試験(RCT)が必須とは考えていない」と反論した。また日本再生医療学会は、一般向けに再生医療の情報を提供するウェブサイト「再生医療PORTAL」を開設したことを発表した。



« 1 (2) 3 4 5 6 7 8 9 10 11 [5525] »