ログイン
メインメニュー


logo

リンク集



  メイン  |  登録する  |  人気サイト (top10)  |  高評価サイト (top10)  |  おすすめサイト (7)  |  相互リンクサイト (1)  

  カテゴリ一覧  |  RSS/ATOM 対応サイト (17)  |  RSS/ATOM 記事 (57889)  |  ランダムジャンプ  

RSS/ATOM 記事 (57889)

ここに表示されている RSS/ATOM 記事を RSS と ATOM で配信しています。


rss  atom 

緊急寄稿、新型コロナの収束シナリオとその後の世界(8)ヘルスケア業界への影響と対応策  from 日経バイオテクONLINE  (2020-5-22 7:00) 
 COVID-19の収束シナリオとその後の社会、経済について分析する寄稿の最終回である第8回?は、今後のシナリオをベースとしてヘルスケア企業に求められる対応について、各機能領域に分けて論じる。
スイスBern大、合成DNAから酵母を利用し新型コロナのクローンを再構築  from 日経バイオテクONLINE  (2020-5-22 7:00) 
 スイスBern大学の研究チームは2020年5月4日、合成DNAから新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)のクローンを短期間で再構築することに成功したと発表した。この技術は、新型コロナウイルスをはじめとする新興ウイルス感染症に対する治療薬やワクチン、診断薬の早期開発に役立つと期待される。研究結果は2020年5月4日(現地時間)にNature誌(オンライン版)に掲載された。
Corona Official Announcement、安倍首相、緊急事態宣言の一部解除を発表  from 日経バイオテクONLINE  (2020-5-22 7:00) 
安倍首相は「39県の緊急事態宣言を解除した後も、5月14日以降も、我が国の新規感染者数は減少を続けており、入院者数の減少もあいまって、医療のひっ迫状況についても改善傾向がみられます」と語った。
米Pfizer社、筋ジスの遺伝子治療の第1b相試験で有用性確認  from 日経バイオテクONLINE  (2020-5-22 7:00) 
 米Pfizer社は2020年5月15日、デュシェンヌ型筋ジストロフィー(DMD)の適応で開発中の遺伝子治療候補PF-06939926の第1b相試験(NCT03362502)の2回目の中間結果を発表した。2019年6月の中間報告後に更新されたデータで、9例の男児患者で安全性と有効性が1年にわたり持続していることが確認された。同社は、追加登録の3例を含めた最新データを、2020年5月12日から15日までリモート開催された米遺伝子細胞治療学会(ASGCT)で報告した。
JCRファーマ、希少疾患のグローバルスペシャルティファーマへ  from 日経バイオテクONLINE  (2020-5-22 7:00) 
 JCRファーマは2020年5月18日、決算発表と同時に2020年度から2022年度の中期経営計画も発表した。2015年度から2019年度の前中期計画期間中に売上高は一貫して増加して174億円から247億円となった。営業利益は、2019年度には研究開発費が膨らんだことで減益となったものの、2015年度の21.5億円(営業利益率12.3%)から、2019年度には32.4億円(同13.1%)に増加して着地した。
ミトコンドリアALAのネオファーマ、東大定量研に社会連携部門を開設  from 日経バイオテクONLINE  (2020-5-22 7:00) 
 アラブ首長国連邦(UAE)に本社があるNeopharma社のグループ会社であるネオファーマジャパン(東京・千代田、河田聡史代表取締役)が、東京大学定量生命科学研究所(東大定量研/IQB、白髭克彦所長)に社会連携部門「ALA先端医療学」を2020年4月に開設した。設置期間は2023年3月までの3年間で、経費総額は1億5000万円。谷憲三朗特任教授が研究室を率いる。
Mmの憂鬱Premium、アビガン認可に掉さす日本医師会有識者会議の棘の痛み  from 日経バイオテクONLINE  (2020-5-21 11:25) 
 「アビガン」の適応拡大緊急認可に関して、日本医師会 COVID-19有識者会議が「科学的エビデンスが整うまで、治療薬として認可すべきではない」という緊急提言を2020年5月17日に行いました。一見すると真っ当ですが、今回のパンデミックのような緊急事態にどう対処すべきか? という提言には至っておりません。ただ、政府の足を引っ張るような提言にも聞こえてしまうことを憂い、本日はこれを整理したいと考えています。前回のメールで似たような結論となるコラムをお届けしましたが、私はあくまで法制度を強引に頓知話で歪めたことがいけないと指摘し、今回はともかく、流行の第2波に備えて法整備を進めてほしいと主張しております。現在もなお、入院中の新型コロナウイルスの患者に対処すべく奮闘する現場は一体、どうしたらよいのでしょうか? ◎関連記事・リンク https://www.covid19-jma-medical-expert-meeting.jp/topic/1526 日本のイノベーター第3弾(6)アビガン承認と適応拡大を阻む認可の悪魔 https://bio.nikkeibp.co.jp/atclwm/column/20/05/14/00580/?ST=wm 日本のイノベーター第3弾(5)アビガン開発を加速した、富士フイルムによる買収の内幕 https://bi ...
Harvard大学とBroad研、マウスモデルで腸内細菌叢がALSの転帰に影響  from 日経バイオテクONLINE  (2020-5-21 8:00) 
 米Harvard大学と米Broad研究所の研究者らは、2020年5月13日、筋萎縮性側索硬化症(ALS)モデルマウスを用いた実験により、腸内細菌叢が転帰に影響することや腸内細菌叢を修飾するアプローチが、ALSの治療に有望であることを示す結果を得て、Nature誌オンライン版に2020年5月13日に報告した。
米Stanford大、新型コロナの抗体検査は1.4%が陽性  from 日経バイオテクONLINE  (2020-5-21 7:00) 
 抗体検査を新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)による感染症(COVID-19)の流行の状況把握や活動自粛解除のために活用するという議論が世界中で進んでいる。米Stanford大学でも現在、1万5000人規模の抗体検査が進行中だ。この検査について、同大医学部病理学准教授で、ウイルスの抗体に関する研究を行っているスコット・ボイド(Scott Boyd)氏に話を聞いた。なお、今回のインタビューには、オブザーバーとして同大医学部の創薬研究機関、「SLDDDRS」所長の西村俊彦氏にも参加していただいている。
オランダLava社、米Janssen Biotech社とγδT細胞に対する二重特異性抗体の開発へ  from 日経バイオテクONLINE  (2020-5-21 7:00) 
 オランダLava Therapeutics社は、2020年5月15日、がんの治療としてγδT細胞に対する新たな二重特異性抗体を発見し開発するため、米Johnson & Johnson社傘下のJanssen Biotech社と共同研究契約およびライセンス契約を結んだと発表した。このコラボレーションでは、Johnson & Johnson Innovation社が進行役を務めている。



« [1] 5 6 7 8 9 (10) 11 12 13 14 15 [5789] »