ログイン
メインメニュー


logo

リンク集



  メイン  |  登録する  |  人気サイト (top10)  |  高評価サイト (top10)  |  おすすめサイト (7)  |  相互リンクサイト (1)  

  カテゴリ一覧  |  RSS/ATOM 対応サイト (17)  |  RSS/ATOM 記事 (56274)  |  ランダムジャンプ  

RSS/ATOM 記事 (56274)

ここに表示されている RSS/ATOM 記事を RSS と ATOM で配信しています。


rss  atom 

キーワード、ゲノム編集  from 日経バイオテクONLINE  (2019-9-9 0:40) 
 生物の丸ごとの遺伝情報であるゲノムの遺伝情報を編集する技術。標的とする塩基配列部位を壊したり、そこに別の配列を挿入したりして、生物の遺伝情報を改変できる。遺伝子の運び屋であるベクターなどを用いて遺伝子を導入する遺伝子組換えは、多くの場合、遺伝子を導入するゲノムの部位はランダムであるため、多くの試行錯誤が必要となる。
キーワード、遺伝子多型  from 日経バイオテクONLINE  (2019-9-9 0:39) 
 遺伝子の表現型に致命的な影響を与えない範囲の遺伝子の個体差のこと。一般的に人口の1%以上の頻度で存在するものを指す。遺伝子多型が生じる原因としては、DNAを構成する塩基が他の塩基に置き換わる置換、塩基が失われる欠失、新たな塩基が入り込む挿入といった変異が知られている。
In The Market、アンジェス株の急落がバイオ関連株に波及  from 日経バイオテクONLINE  (2019-9-9 0:38) 
 日経BP・バイオINDEXは2019年8月下旬に490台を付けていたが、8月末に460台に急落する動きを見せた。
業界こぼれ話、iPSストック事業の財団化に「待った!」  from 日経バイオテクONLINE  (2019-9-9 0:37) 
 iPS細胞ストック・プロジェクトとは、他家のiPS細胞を用いた再生医療向けにマスターセルバンク(MCB)の原料となるiPS細胞を供給する事業だ。
World Trend欧州、台頭するスイスのバイオベンチャー・エコシステム  from 日経バイオテクONLINE  (2019-9-9 0:36) 
 バイオテクノロジーの歴史を紐解くと、バイオテクノロジーの勃興期とされる1970年代を支えたのはアメリカであった。スイスではアメリカから遅れること約20年、1990年代後半からバイオテクノロジー産業が始まったとされるが、人口約850万人あまりの小国でありながら今や世界有数のバイオ国家となっている。
ベンチャー探訪、イービス藻類産業研究所  from 日経バイオテクONLINE  (2019-9-9 0:35) 
EPA高含有微細藻類を三陸で生産
パイプライン研究、糖尿病治療薬  from 日経バイオテクONLINE  (2019-9-9 0:34) 
 糖尿病はインスリン作用不足による高血糖が持続することで臓器障害を引き起こす代謝性疾患だ。1型糖尿病はインスリンを作る膵臓β細胞が破壊される自己免疫疾患。世界では新規に13万2600人(2017年)の15歳以下の小児や若者が1型糖尿病を発症している。1型糖尿病の発症原因は分かっていない。他方、2型糖尿病は遺伝的要因と環境的要因による、インスリンの分泌不全および抵抗性の疾患だ。
バイオイメージング最前線(第37回)、GPCRのG蛋白質、活性化機構を解明  from 日経バイオテクONLINE  (2019-9-9 0:33) 
 創薬標的分子として重要なG蛋白質共役型受容体(GPCR)のG蛋白質の活性化機構を、技術革新が著しいクライオ電子顕微鏡を用いて解明した論文発表の成果を、今回紹介する。2019年6月に日本と米国の共同研究グループでこの成果をNature誌にて発表した論文の筆頭著者である加藤英明氏は、5年近く在籍した米Stanford Universityから2019年4月に母校の東京大学に戻った。准教授に着任して大学院総合文化研究科先進科学研究機構の研究室を主宰している。
【遺伝子ドーピング特集連動】、選手選別に遺伝情報を使って良いのか(日本福祉大学の竹村瑞穂准教授)  from 日経バイオテクONLINE  (2019-9-9 0:32) 
医療の急速な進歩が人類の幸福に寄与してきたのは間違いない。ただ、ゲノム編集技術は操作対象が人間であることもあり、様々な倫理的・社会的問題を引き起こしかねない。操作対象を体細胞と生殖細胞、操作目的を治療かエンハンストメントに分けると整理しやすい。遺伝子操作が身体能力の向上や増強などエンハンストメントである点が遺伝子ドーピングの特徴だ。
【遺伝子ドーピング特集連動】、体内でのゲノム編集効率はまだ低い(埼玉医科大学 三谷幸之介部門長)  from 日経バイオテクONLINE  (2019-9-9 0:32) 
 エリスロポエチン(EPO)の発現を誘導するような遺伝子ドーピングは、従来型の遺伝子治療(cDNA発現)と同様なのでハードルは低く、技術的には十分可能ではないか。一方、標的遺伝子のゲノム編集に関しては、まだ効率が低いのが現状だ。



« [1] 2 3 4 5 6 (7) 8 9 10 11 12 [5628] »