ログイン
メインメニュー


logo

リンク集



  メイン  |  登録する  |  人気サイト (top10)  |  高評価サイト (top10)  |  おすすめサイト (7)  |  相互リンクサイト (1)  

  カテゴリ一覧  |  RSS/ATOM 対応サイト (17)  |  RSS/ATOM 記事 (55574)  |  ランダムジャンプ  

RSS/ATOM 記事 (55574)

ここに表示されている RSS/ATOM 記事を RSS と ATOM で配信しています。


rss  atom 

キュービクス、末梢血で膵臓癌を判別できる検査キットを世界で初めて開発  from 日経バイオテクONLINE  (2019-5-9 8:00) 
 金沢大学発ベンチャーのキュービクス(石川県白山市、丹野博社長)は末梢血で膵臓癌をスクリーニングできる検査キットを開発、2019年3月に医薬品医療機器総合機構(PMDA)に製造販売承認申請した。商品名は「パンレグザ」で、キュービクスが臨床検査会社や医療機関に販売する。順調に審査が進めば2020年春ごろには販売できるようになる。
【日経バイオテクONLINE Vol.3154】、Mmの憂鬱、ミツバチが教えてくれたRNA医薬の技術突破  from 日経バイオテクONLINE  (2019-5-9 8:00) 
 これから札幌に向かう機中で皆さんにこのメールを書いています。常識は常に破られるためにありますが、私が妄信してきたRNAは化学的物理的に弱く、DNAはその対極をなす安定な分子だという常識が破られました。2019年5月2日、英国Gurdon Instituteのグループが、その成果を発表しました。DNAによる世代間の情報に垂直伝播に加えて、安定なRNAによる情報の水平伝播をもっと研究する必要が出てきたのです。昨年、ドイツBayer社に買収される前に米Monsanto社の研究を調べたら、彼らがRNAを農薬として開発すべく研究に注力しているのを知り、当時は全く頭の中が???だらけだったのですが、今回の発表を知り、その理由が分かりました。RNAはどうやら農薬だけでなく、医薬品やワクチンにもなりそうだと期待が膨らんできました。新しいモダリティとして注目すべきかもしれません。  ここからは申し訳ありませんが有料で全文をお楽しみ願います。Mmの憂鬱Premiumサイト(https://bio.nikkeibp.co.jp/wm/ )からならお得な料金(個人カード払い限定、月間500円で読み放題)で購読いただけます。以前のバックナンバーもまとめてお読みいただけます。 ※日経バイオテクONLINEの読者 ...
森田弁理士の特許“攻防”戦略、発明の本質から見極める特許の秘匿化ノウハウ  from 日経バイオテクONLINE  (2019-5-9 8:00) 
 本稿では、ノウハウとして秘匿化すべき技術について、発明の秘匿化と特許化を達成する新しい戦略を提案する。この戦略は、特に再生医療のようなノウハウが技術の中心となる分野において、必須の戦略となる。この戦略はまた、法改正によって新設される特許侵害訴訟における立ち入り検査を有効とする意味で、画期的な戦略であると考えられる。
Oncology◎ASCO GU2019・腎細胞癌、3つの複合免疫療法が生存延長を示した腎細胞癌の1次治療  from 日経バイオテクONLINE  (2019-5-9 8:00) 
(編集部注)腎癌に詳しい医師に、腎癌診療の最新動向のレビューをしていただいた。
【日経バイオテクONLINE Vol.3153】、癌ゲノム医療、厚労省がロシュ陣営に反撃の一手  from 日経バイオテクONLINE  (2019-5-8 10:30) 
 みなさん、こんにちは。日経バイオテクの野村和博です。10連休はいかがお過ごしでしたでしょうか。平成最後の年に保険収載を目指していた癌ゲノム医療は、結局間に合いませんでした。令和元年に日本の癌ゲノム医療を始めるにもまだまだ問題山積ですが、10連休に入る直前の4月24日、明るい話題が飛び込んできました。
ERISA、進行性MCIの識別技術に関する特許が登録、海外出願も完了  from 日経バイオテクONLINE  (2019-5-8 8:00) 
 人工知能(AI)を用いて認知症の画像診断技術を開発しているERISA(島根県松江市、河原八郎社長)は、滋賀医科大学と共同で出願した進行性軽度認知障害(MCI)の識別技術に関する特許が2019年2月22日に登録(特許第6483890号)。4月24日には、同特許を国際出願する手続きも完了したことを明らかにした。
WINコンソーシアム、癌個別化医療にはDNAに加えRNAプロファイリングも重要  from 日経バイオテクONLINE  (2019-5-8 8:00) 
 フランスParisを拠点とする非営利組織で、癌に対する個別化医療の推進に取り組むWorldwide Innovative Networking (WIN) Consortiumのメンバーである、世界各国の研究者たちは、初の癌個別化治療臨床試験(WINTHER試験)で得られた良好な結果をNature Medicine誌電子版に2019年4月22日に報告した。
主要バイオ特許の登録情報、2019年4月24日発行分(登録番号・発明の名称・出願人・要約)  from 日経バイオテクONLINE  (2019-5-8 8:00) 
 一般社団法人発明推進協会が発行する「特許公報」2019年4月24日発行分より、バイオ関連と判断できる主な特許の登録情報を以下に掲載します。
主要バイオ特許の公開情報、2019年4月25日発行分(公開番号・発明の名称・出願人・要約)  from 日経バイオテクONLINE  (2019-5-8 8:00) 
 一般社団法人発明推進協会が発行する「特許公報」2019年4月25日発行分より、バイオ関連と判断できる主な特許の公開情報を以下に掲載します。
米Lilly社と米Avidity Bioscience社、新規免疫療法の開発で提携  from 日経バイオテクONLINE  (2019-5-8 8:00) 
 米Eli Lilly社と米Avidity Biosciences社は、2019年4月22日、新たな免疫療法薬の候補とその他の適応の選択について、発見、開発、商業化に焦点を当てた世界的ライセンスと共同研究の契約を結んだと発表した。



« [1] 3 4 5 6 7 (8) 9 10 11 12 13 [5558] »