ログイン
メインメニュー


logo

リンク集



  メイン  |  登録する  |  人気サイト (top10)  |  高評価サイト (top10)  |  おすすめサイト (7)  |  相互リンクサイト (1)  

  カテゴリ一覧  |  RSS/ATOM 対応サイト (15)  |  RSS/ATOM 記事 (54825)  |  ランダムジャンプ  

RSS/ATOM 記事 (54825)

ここに表示されている RSS/ATOM 記事を RSS と ATOM で配信しています。


rss  atom 

【機能性食品 Vol.364】、内閣府SIP第2期で睡眠やマイクロバイオーム、農研機構の山本万里氏が率いる  from 日経バイオテクONLINE  (2019-1-11 11:30) 
 2018年12月21日以来、3週間ぶりのメール配信です。  明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。
政府、予防を柱とする認知症施策を骨太などに反映する方針  from 日経バイオテクONLINE  (2019-1-11 8:00) 
 政府は2018年12月25日、認知症施策推進関係閣僚会議の初会合を開催し、2019年5月から6月をめどに関係行政機関からの施策を取りまとめて大綱を策定し、骨太などの政府方針へ反映することを決めた。安倍総理は「認知症への対応が喫緊の課題であるとの認識の下、取りまとめに向けて早急に検討を進めるよう」関係閣僚へ指示した。認知症対策というと、これまで厚生労働省の新オレンジプランに基づく、認知症の高齢者を地域で受け止めるための施策が中心だったが、新たな大綱では、共生に加え、予防を大きな柱として位置付け、予防のためのエビデンスの構築や新薬開発などに取り組んでいく。
第一三共、東工大とiPS細胞由来インスリン産生細胞の実用化を目指す  from 日経バイオテクONLINE  (2019-1-11 8:00) 
 第一三共は、2019年1月10日、東京工業大学生命理工学院の粂・白木研究室と、iPS細胞由来インスリン産生細胞を作製し、再生医療や細胞医薬への活用を目指す共同研究を進めると発表した。三菱UFJキャピタルが運営するOiDEファンド投資事業有限責任組合の100%出資を受けて設立される新会社のOiDE BetaRevive(東京・中央)が、第一三共と東工大との共同研究などに必要な資金を拠出する。
寛和久満夫の深読み科学技術政策第248回、AIの技術開発で日本が生き残るためには  from 日経バイオテクONLINE  (2019-1-11 8:00) 
 米国と中国に大きく水を開けられているAI(人工知能)分野だが、その中で日本が生き残るための道はあるのだろうか。今回は、AIが様々な情報を学ぶための機械学習に注目して考えてみよう。
【日経バイオテクONLINE Vol.3079】、平成の終わりに考えた、中国にあって日本にないもの  from 日経バイオテクONLINE  (2019-1-11 8:00) 
 読者の皆さま、こんにちは!日経バイオテクの坂田亮太郎です。今年の年末年始は、平成30年間を振り返るテレビ番組が多数放送されましたので、ご覧になった方も多いのではないでしょうか。「懐かしい…」と感傷にひたることも多かったのですが、過去を振り返ることは楽しいことばかりではありません。
再生・細胞医療 産業化に向けた道標(第3回)、根本治療の実用化に向けた5つのシナリオ  from 日経バイオテクONLINE  (2019-1-11 8:00) 
 第2回の連載では、再生・細胞医療がターゲットとする疾患の市場ニーズや、各疾患における根本治療技術の進展度合いから、疾患×モダリティの「戦況」を把握し、勝ち筋技術の仮説を総合的に分析した。この分析により、短期的(5年以内)に市場が立ち上がる領域がある程度見えてきた一方で、中長期には、技術的な不確実性の高さより、複数の実用化シナリオを見据えておく必要があることを述べた。第3回の本稿では、現在想定される5つの実用化シナリオを紹介した上で、これらのシナリオが再生・細胞医療へ与えるインパクトにつき、考察していきたい。
FDA、医薬品開発にリアル・ワールド・エビデンス活用する枠組み構築へ  from 日経バイオテクONLINE  (2019-1-11 8:00) 
 米食品医薬品局(FDA)は、リアルワールドエビデンス(RWE)やリアルワールドデータ(RWD)を新規の医薬品の審査や臨床試験の実施に活用するため、新たな枠組みを構築する方針だ。FDAのScott Gottlieb長官は、2018年12月6日に声明を発表。その中で概要を明らかにした。
【日経バイオテクONLINE Vol.3078】、Mmの憂鬱、8兆円買収を仕掛けたBMS社の真の狙い  from 日経バイオテクONLINE  (2019-1-10 12:30) 
 2019年1月7日、武田薬品工業はアイルランドShire社の買収を完了したことを発表しました。内容はともかく7兆円買収とその金額の大きさが強調されて喧伝(けんでん)されていましたが、この記録も2019年1月3日に、米Bristol-Myers Squibb(BMS)社が740億ドル(約8兆円)で米Celgene社を買収したことで、塗り替えられてしまいました。BMS社は15%、Celgene社は41%も2018年年初から株価を急落させており、買収は避けられなかった苦しい事情がありました。しかし、武田・Shire社とBMS・Celgene社のパイプラインを比較すると、大きな違いが存在しています。今回はBMS・Celgene社は固形癌と造血腫瘍で強力な製品群を手にしたことが分かります。臨床開発で下手を打ち、昨年免疫チェックポイント阻害薬の旗艦製品である抗PD1抗体「オプジーボ」の米国市場での売り上げを、ライバルの「キイトルーダ」(米Merck社)に逆転され、株価低迷を招いたBMS社は、今回の買収で患者の免疫系の再構築という新しい治療概念の創出を狙ってきたと推察します。EVITAという便利な経営指標多用しただけの武田・Shire社の弥縫(びほう)策とは、そもそも企みの大きさが違っておりました。 ○関連 ...
【GreenInnovation Vol.371】、アグリバイオ最新情報【2018年12月】のハイライト  from 日経バイオテクONLINE  (2019-1-10 8:00) 
 2016年に、過去にノーベル賞を受賞した科学者110人がグリーンピースの展開している「遺伝子組換え(GMO)食品」反対のキャンペーンに対して、科学的根拠がないと非難する署名を共同で発表した。存命中のノーベル賞受賞者3分の1以上が署名するという大規模なメッセージで、日本からは天野浩教授が署名している。このことは先年お知らせしたので、記憶している方も多いと思う。
国際アグリバイオ事業団、アグリバイオ最新情報【2018年12月】  from 日経バイオテクONLINE  (2019-1-10 8:00) 
(編集部注)この記事は、国際アグリバイオ事業団(ISAAA)によるアグリバイオ最新情報【2018年12月】から話題を抜粋し、日本語訳を掲載したものです。抜粋していない全文はこちらをご覧ください。



« 1 2 3 4 (5) 6 7 8 9 10 11 [5483] »