ログイン
メインメニュー


logo

リンク集



  メイン  |  登録する  |  人気サイト (top10)  |  高評価サイト (top10)  |  おすすめサイト (7)  |  相互リンクサイト (1)  

  カテゴリ一覧  |  RSS/ATOM 対応サイト (15)  |  RSS/ATOM 記事 (53198)  |  ランダムジャンプ  

RSS/ATOM 記事 (53198)

ここに表示されている RSS/ATOM 記事を RSS と ATOM で配信しています。


rss  atom 

キーパーソンインタビュー、協和発酵キリンの宮本昌志社長COOに聞く  from 日経バイオテクONLINE  (2018-4-23 0:32) 
 協和発酵キリンにとって、2018年は大きな節目の年となる。グローバル戦略品に位置付けるX染色体遺伝性低リン血症(XLH)治療薬KRN23(ブロスマブ)と血液癌薬KW-0761(モガムリズマブ)の両抗体医薬は、いずれも2018年中に米国で承認取得を見込む。だが、パーキンソン病治療薬として開発中のKW-6002(イストラデフィリン)は、国際共同フェーズIIIで「レボドパ含有製剤で治療中のパーキンソン病におけるウエアリングオフ現象の改善」について統計学的に有意な差が認められなかった。
特集、腸管上皮オルガノイド  from 日経バイオテクONLINE  (2018-4-23 0:31) 
 3、4日ごとに再生を繰り返す組織である腸管上皮の幹細胞を培養することにより、腸管上皮の3次元組織である腸管上皮オルガノイドを作製する技術が確立され、腸管に関連する健康維持に寄与するソリューションの研究に革命を起こしている。腸管上皮細胞は全て、陰窩(いんか)の底部にある腸管幹細胞より生み出され、腸管上皮組織の恒常性を維持している(図1)。この腸管幹細胞の自己複製や分化の能力を制御するニッチシグナルの機構解明が進み、細胞外基質「Matrigel」(米Corning社の商標)を用いて腸管上皮細胞を長期間3次元で培養する方法が急速に発展してきたからだ。
編集長の目、武田薬品の大型M&Aは実現するか  from 日経バイオテクONLINE  (2018-4-23 0:30) 
 武田薬品工業がアイルランドShire社に対して正式に買収提案をするか否かを表明するとしている2018年4月25日17時(英国時間)の期限が迫り、その行方が大いに注目される状況となっている。何しろ、3月28日に武田薬品が買収を検討していることを表明した時点で、Shire社の株式時価総額は約4兆8000億円。製薬業界では2018年に入って、米Celgene社による米Juno Therapeutics社の買収(90億ドル=約1兆円)、フランスSanofi社による米Bioverativ社の買収(116億ドル=約1兆2900億円)と、1兆円を超える規模の大型M&Aが相次いでいるが、武田薬品によるShire社の買収が実現すれば、それらをはるかに上回る大型案件となる。日本企業による海外企業の買収額としても過去最大となる見通しだ。
【機能性食品 Vol.332】、花王が血圧高め対策粉末コーヒー、J-オイルミルズが骨対策食用油、ニッスイのω3  from 日経バイオテクONLINE  (2018-4-20 9:40) 
 まずは、恒例の保健機能食品のアップデイト情報です。  この1週間では、機能性表示食品のアップデイトが4月13日(金)に1件(届出番号はC411)、4月18日(水)に6件(C412からCC417まで)ありました。これにより、有効な機能性表示食品の届け出は1291件程度になったかと思います。  この中から、花王のコーヒーポリフェノール(クロロゲン酸類)の粉末飲料については、記事とりまとめました。
厚労省と経産省、認知症領域で企業による製品やサービスの開発を後押し  from 日経バイオテクONLINE  (2018-4-20 8:00) 
 厚生労働省と経済産業省は、認知症対策に向けた官民連携プラットフォームを構築する。2018年4月13日に開催された、未来投資会議構造改革徹底推進会合の「健康・医療・介護」会合で明らかにした。政府が2018年6月に閣議決定する未来投資戦略2018に同プラットフォームの構築を盛り込み、2019年度予算概算要求に本格実施のための予算を計上する予定だ。
米Arrowhead社、HBV感染に対するRNAi治療薬の延長追跡結果発表  from 日経バイオテクONLINE  (2018-4-20 8:00) 
 米Arrowhead Pharmaceuticals社は、2018年4月11日、B型肝炎ウイルス(HBV)感染症に対するRNAi治療薬ARC-520に関する臨床試験(Heparc-2001試験)の延長追跡データが、香港大学などの研究者たちによって、欧州肝臓学会国際肝臓会議2018でポスター発表されたことを明らかにした。
英GSK社、英Orchard社に希少疾患に対する遺伝子治療事業を譲渡  from 日経バイオテクONLINE  (2018-4-20 8:00) 
 英GlaxoSmithKline社(GSK社)2018年4月12日、英Orchard Therapeutics社と戦略的契約を結び、GSK社が希少疾患に対する一連の遺伝子治療製品をOrchard社に譲渡すると発表した。
ELCC2018、IV期のNSCLCの3次治療で抗EGFR抗体necitumumabとabemaciclibの併用は治療転帰に影響を示せず  from 日経バイオテクONLINE  (2018-4-20 8:00) 
 IV期の非小細胞肺癌(NSCLC)患者に対する3次治療として、抗EGFR抗体necitumumabとCDK4/6阻害薬abemaciclibの併用療法は、治療転帰に有意義な影響を及ぼさないことがわかった。この結果は、無増悪生存期間(PFS)と奏効率を測定し、抗EGFR抗体単剤を投与したヒストリカルデータと比較したフェーズ1b試験から示されたもの。4月11日から14日までスイス・ジュネーブで開催されたEuropean Lung Cancer Congress(ELCC 2018)で、フランスInstitut Gustave RoussyのBenjamin Besse氏が発表した。
DSファーマアニマルヘルス、イヌ向けの他家間葉系幹細胞製剤の治験開始  from 日経バイオテクONLINE  (2018-4-20 8:00) 
 大日本住友製薬の子会社であるDSファーマアニマルヘルスは、2018年4月19日、難治性の胸腰部椎間板ヘルニアに罹患したイヌを対象に、他家脂肪由来間葉系幹細胞(MSC)の治験を開始したことを発表した(関連記事1)(関連記事2)。
フランスServier社、アイルランドShire社のオンコロジー事業を買収  from 日経バイオテクONLINE  (2018-4-20 8:00) 
 フランスServier社は、2018年4月16日、アイルランドShire社と正式契約を結び、Shire社のオンコロジー事業を24億ドル(約2600億円)で買収すると発表した。



« 1 2 (3) 4 5 6 7 8 9 10 11 [5320] »