ログイン
メインメニュー


logo

リンク集



  メイン  |  登録する  |  人気サイト (top10)  |  高評価サイト (top10)  |  おすすめサイト (7)  |  相互リンクサイト (1)  

  カテゴリ一覧  |  RSS/ATOM 対応サイト (17)  |  RSS/ATOM 記事 (55574)  |  ランダムジャンプ  

RSS/ATOM 記事 (55574)

ここに表示されている RSS/ATOM 記事を RSS と ATOM で配信しています。


rss  atom 

デンマークLundbeck社、セリン加水分解酵素標的薬を開発する米Abide社を買収  from 日経バイオテクONLINE  (2019-5-20 8:00) 
 デンマークLundbeck社は2019年5月6日、セリン加水分解酵素を標的とする低分子化合物の創薬技術基盤を持つ米Abide Therapeutics社を買収すると発表した。Lundbeck社が注力する精神神経疾患領域のパイプライン拡充が見込まれる。買収手続きは2019年第2四半期中に完了する見込み。
金沢大学など、活性型HGFのみ阻害する環状ペプチドを発見  from 日経バイオテクONLINE  (2019-5-20 8:00) 
 金沢大学、東京大学、理化学研究所の共同研究グループは、癌細胞の転移や抗癌剤耐性を促進する活性型肝細胞増殖因子(HGF)と特異的に結合して機能を阻害する環状ペプチド「HGF-inhibitory Peptide-8(HiP-8)」を発見したと発表した。陽電子放射断層撮影法(PET)診断用プローブとしても活用でき、癌進行のモニタリングや治療薬への応用に期待がかかる。成果はNature Chemical Biologyに2019年5月17日に掲載された。
米PTC社、SMAの経口スプライシング修飾薬の臨床試験で有用性確認  from 日経バイオテクONLINE  (2019-5-20 8:00) 
 米PTC Therapeutics社は、2019年5月7日、脊髄性筋萎縮症(SMA)に対する経口治療薬候補であるrisdiplam(RG7916)に関するFIREFISH試験とSUNFISH試験のパート1で、引き続き、I型、II型、III型のSMA患者に対する臨床的有用性が示されたと発表した。
ニプロ、「ステミラックは今の製造法では黒字にならない」  from 日経バイオテクONLINE  (2019-5-20 8:00) 
 ニプロは2019年5月17日、2019年3月期の決算説明会を開催した。2019年3月期の連結売上高は前年同期比7.8%増の4263億9900万円、営業利益は12.0%減の238億2700万円。2020年3月期は連結売上高4615億円、営業利益は275億円と予想している。国内では田辺三菱製薬から譲り受けたニプロESファーマ(旧田辺製薬販売)が2018年3月に発売した抗アレルギー薬「タリオン」(ベポタスチンベシル酸塩)のオーソライズドジェネリックの販売など、また海外ではダイアライザーなど透析関連製品の販売などが好業績の主な要因。一方で、連結セグメント別業績として、2019年3月期より再生医療関連の情報開示を開始したが、再生医療等製品「ステミラック注」を中心とする再生医療関連の2020年3月期の売上高は6億円、営業利益は29億円の赤字としている。
JCR、AAV用いるin vivoの遺伝子治療は2021年度にも臨床試験入りへ  from 日経バイオテクONLINE  (2019-5-20 8:00) 
 JCRファーマは、2019年5月16日、2019年3月期の決算説明会を開催。アデノ随伴ウイルス(AAV)ベクターに治療用の遺伝子を搭載、投与するin vivoの遺伝子治療について、ライソゾーム病を対象として、2021年度に臨床試験を開始すると明らかにした。
【日経バイオテクONLINE Vol.3160】、「透明性のある薬価制度を」と言うけれど……  from 日経バイオテクONLINE  (2019-5-17 10:00) 
 今週は、キメラ抗原受容体(CAR)T細胞療法製品であるノバルティスファーマの再生医療等製品「キムリア」に、3349万円という高額な薬価が付くことが決まった中央社会保険医療協議会総会の取材に行ってきました。9時のスタートなのに、慎重を期して8時半過ぎに行ってみると既にテレビカメラが何台も取材の準備を始めていて、注目度の高さをつくづく感じました。この中医協の議論で感じたことを少し書いておきます。
Oncology、既治療CLLにBTK阻害薬acalabrutinibの単剤投与が医師選択治療よりも有意にPFSを延長  from 日経バイオテクONLINE  (2019-5-17 8:00) 
既治療の慢性リンパ性白血病(CLL)に対して、BTK阻害薬であるacalabrutinibの効果は?
寛和久満夫の深読み科学技術政策第266回、感染症対策に動物衛生学を再興せよ  from 日経バイオテクONLINE  (2019-5-17 8:00) 
 人や動物に害を与える生物は総じて「衛生動物」と呼ばれ、その中の節足動物を「衛生害虫」と言う。代表的な衛生害虫である蚊やマダニなどの吸血性節足動物は、熱帯から寒帯まで広く分布し、人と動物の病原体を媒介する。その研究を進めることは日本や世界のリスク管理につながるが、日本では最近この分野が沈滞する傾向にあり、再興が求められる。
タカラバイオが過去最高益を更新、遺伝子医療事業は初の黒字化  from 日経バイオテクONLINE  (2019-5-17 8:00) 
 タカラバイオは2019年5月16日、2019年3月期の決算説明会を開催。売上高と営業利益ともに過去最高を更新し、遺伝子医療事業は初の黒字転換を達成した。仲尾功一社長は今後注力する臨床パイプライン強化のために必要な基盤技術開発として新規キメラ抗原受容体T細胞(CART)の開発加速を強調、遺伝子導入細胞の体内での持続性などを高めることで固形癌への応用を重点的に開発していく考えを示した。
フロンティアの景色、サイトレス治験/バーチャル治験で誰でも治験参加が可能に  from 日経バイオテクONLINE  (2019-5-17 8:00) 
2018年11月、東京大学大学院薬学系研究科社会連携講座「ITヘルスケア」(今村恭子特任教授)が立ち上がった。被験者募集や医薬品開発受託機関(CRO)などの事業を手掛ける3Hホールディングス(東京都豊島区、安藤昌代表取締役)と、ネオファーマジャパン(東京都千代田区、河田聡史代表取締役)との共同研究により、ICT 利活用による医薬品開発と適正使用のイノベーションにおける研究を行う研究室で、2019年3月にはシミック、塩野義製薬、中外製薬、アストラゼネカの4社も共同研究相手に加わった。同研究室の大倉政宏特任研究員に、同研究室の研究テーマの1つであるサイトレス/バーチャル治験について、その動向などをまとめてもらった。



« 1 (2) 3 4 5 6 7 8 9 10 11 [5558] »