ログイン
メインメニュー


logo

リンク集



  メイン  |  登録する  |  人気サイト (top10)  |  高評価サイト (top10)  |  おすすめサイト (7)  |  相互リンクサイト (1)  

  カテゴリ一覧  |  RSS/ATOM 対応サイト (18)  |  RSS/ATOM 記事 (63317)  |  ランダムジャンプ  

RSS/ATOM 記事 (63317)

ここに表示されている RSS/ATOM 記事を RSS と ATOM で配信しています。


rss  atom 

岡山大・農研機構など、柑橘類の品種を迅速・簡便に識別できるDNA検査法を開発  from 日経バイオテクONLINE  (2023-5-17 7:00) 
 岡山大学、農業・食品産業技術総合研究機構(農研機構)などの研究グループが、柑橘類の品種を簡便かつ迅速に識別できる新たなDNA検査法を開発したと発表した。近年、国内で育成された農作物品種が海外へ流出し、無断栽培されることで、品種の開発者が種苗を育成・販売したり、農業生産者が農作物を生産・販売したりする権利が侵害される問題が多発している。今回開発された技術は、そうした、農作物の持ち出しや持ち込みを見つける水際検査に利用できる可能性がある。論文は2023年4月27日にBreeding Science誌オンライン版で公開された。
Biogen社、アンチセンス薬tofersenがSOD1-ALS対象に米国で迅速承認を獲得  from 日経バイオテクONLINE  (2023-5-17 7:00) 
 米Biogen社は2023年4月25日、同社の核酸医薬である「QALSODY」(tofersen)が、スーパーオキシドジスムターゼ1遺伝子(SOD1)に変異を有する筋萎縮性側索硬化症(SOD1-ALS)を適応として、米食品医薬品局(FDA)によって迅速承認されたと発表した。
タカラバイオ、遺伝子・細胞プロセッシングセンター2号棟に3000Lの培養システム導入  from 日経バイオテクONLINE  (2023-5-17 7:00) 
 タカラバイオは2023年5月16日、2023年3月期(2022年度)の決算説明会を開催した。2023年3月期の連結業績について、売上高は前年同期比15.4%増の781億4200万円で、過去最高だった。機器や受託製造が前年同期比で減少したものの、検査用の試薬や「RetroNectin」をはじめとした遺伝子・細胞医薬などの製造補助剤の売り上げが前年同期比で増加。特に新型コロナウイルス検査の関連試薬が大幅に伸長した。説明会では、2024年3月期(2023年度)〜2026年3月期(2025年度)の「中期経営計画2025」についても説明があった。
米Moderna社と米IBM社、mRNA医薬に量子コンピューティングと生成AIを活用  from 日経バイオテクONLINE  (2023-5-17 7:00) 
 米Moderna社と米IBM社は2023年4月20日、安全性と有効性の高いmRNA医薬の設計を目指して協力する契約を結んだことを明らかにした。契約に基づいてModerna社は、mRNA医薬の研究開発の進展を加速させるために、量子コンピューティングや生成AI(Generative AI)といった次世代型の技術を活用する計画だ。
有機農業用土壌開発のTOWING、シリーズAラウンドなどで8.4億円の資金調達を完了  from 日経バイオテクONLINE  (2023-5-17 7:00) 
 独自の土作り技術で有機農業の効率化を進めるTOWING(トーイング、名古屋市、西田宏平代表取締役CEO)は2023年5月17日までに、シリーズAラウンドの第三者割当増資などによって、総額約8.4億円の資金調達を完了した。
米Seres社、C.ディフィシル感染症のマイクロバイオーム薬がFDA承認  from 日経バイオテクONLINE  (2023-5-17 7:00) 
 米Seres Therapeutics社は2023年4月26日、ヒトの腸内菌叢をベースとする経口薬「VOWST」(fecal microbiota spores, live-brpk、SER-109)が米食品医薬品局(FDA)により承認されたと発表した。適応症は、抗菌薬治療後の再発性クロストリジウム・ディフィシル感染症(rCDI)の再発予防で、対象は18歳以上。初発の治療薬としてではなく、1回目の再発を含む予防の目的で処方される。米国とカナダで同年6月に発売する予定で、商業化の提携契約を結んでいるスイスNestle Health Science社と販売協力する。
主要バイオ特許の登録情報、2023年5月8日〜5月9日発行分(登録番号・発明の名称・出願人・要約)  from 日経バイオテクONLINE  (2023-5-17 7:00) 
 一般社団法人発明推進協会が発行する「特許公報」2023年5月8日〜5月9日発行分より、バイオ関連と判断できる主な特許の登録情報を以下に掲載します。
主要バイオ特許の公開情報、2023年5月8日〜5月9日発行分(公開番号・発明の名称・出願人・要約)  from 日経バイオテクONLINE  (2023-5-17 7:00) 
 一般社団法人発明推進協会が発行する「特許公報」2023年5月8日〜5月9日発行分より、バイオ関連と判断できる主な特許の公開情報を以下に掲載します。
6/10(土)日米現地事情生トーク「現場から見た日米メンタルヘルスケア事情」開催のお知らせ  from さつき会〜東大女子ネットワーク・コミュニティ〜  (2023-5-16 17:00) 
毎回大好評の日米現地事情生トーク 、今回はメンタルヘルスケアをテーマに開催します。 メンタルヘルスケアの現場におられる3人のプレゼンターからのお話をきっかけに、同窓生だからこそ話せる、ここだけの話を忌憚なく語り合いたいと思います。皆様のご参加をお待ちしております。 会員でない方も、東大に在籍したことのある、または在籍している女性の方でしたら初回はゲストとしてご参加頂けますので、お声をかけてみてください。 ●日時:  6月10日(土)午前10時〜11時30分(日本時間)希望者は12時まで懇談 ● テーマ: 「現場から見た日米メンタルヘルスケア事情」 ●プレゼンター: 田中靖子さん 弁護士、米国国家認定アドボケイト(National Advocate Credential) 内田舞さん 小児精神科医、Harvard大学医学部准教授、Massachusetts総合病院小児うつ病センター長 内田千代子さん 精神科医  田中靖子さん: 2006経済学部卒。2009年にロースクール修了、司法試験に合格。弁護士として法律事務所に勤務。結婚を機に渡米。2021年、在ヒューストン日本国総領事館との提携により、在米邦人向けの電話相談の窓口を立ち上げる ...
4/28(金) 自然教育園を散策しました  from さつき会〜東大女子ネットワーク・コミュニティ〜  (2023-5-15 23:21) 
4月28日、透き通る晴天と新緑に囲まれ、目黒の国立科学博物館附属自然教育園で散策会が行われました。 当初予定していた26日(水)が荒天だったため振替予定日の28日に延期されました。申込の方全員の参加は叶いませんでしたが、散策後に持ち寄った軽食を園内で楽しんだり、対面イベントならではの和やかな親睦会となりました。 詳細は、以下のブログ記事をご覧ください。     さつき会ブログ 春の植物園散策 (fc2.net) The post 4/28(金) 自然教育園を散策しました first appeared on さつき会〜東大女子ネットワーク・コミュニティ〜 .



« [1] 5 6 7 8 9 (10) 11 12 13 14 15 [6332] »