ログイン
メインメニュー

2008-06-17: 日本民藝館で、民藝に関するイメージ調査実施中
担当者 OtakeM  登録日時 2008-06-22 11:34 (1861 ヒット)

大武研究室では、サービス学研究の一環として、財団法人日本民藝館、日本民藝協会の協力の下、『民藝に関するイメージ調査(調査代表者:小俣貴宣)』を行っています(実施期間:2008年6月17日〜8月31日)。
用い手の視点を作り手に伝え、よりよいものづくりに役立てる手法の開発を目指しています。

アンケートにご興味のある方、民藝に興味がありご協力頂ける方は、日本民藝館までご来館下さい。
以下に、会期中の特別展についてご案内します。

陶匠・濱田庄司 −没後三0年記念−
会期:2008年6月17日(火)−8月31日(日)
開館:午前10時−午後5時(入館は4時半まで)
   月曜日休館(祝日の場合は開館し、翌日休館)
会場:日本民藝館(〒153-0041 東京都目黒区駒場4-3-33)
交通:京王井の頭線駒場東大前駅西口より徒歩7分
概要:益子を拠点として、古今東西の美しい工芸品を参考に、用に即した質朴で力強い作風を作り上げた陶匠・濱田庄司。没後三0年を記念し、館蔵の代表作約一五0点を紹介します。

リンク:
日本民藝館
日本民藝協会