ログイン
メインメニュー


logo

リンク集



  メイン  |  登録する  |  人気サイト (top10)  |  高評価サイト (top10)  |  おすすめサイト (7)  |  相互リンクサイト (1)  

  カテゴリ一覧  |  RSS/ATOM 対応サイト (15)  |  RSS/ATOM 記事 (53764)  |  ランダムジャンプ  

RSS/ATOM 記事 (53764)

ここに表示されている RSS/ATOM 記事を RSS と ATOM で配信しています。


rss  atom 

大塚製薬、in silicoによる抗体の設計と開発手掛ける米ベンチャーを買収  from 日経バイオテクONLINE  (2018-7-13 8:00) 
 大塚製薬は、2018年7月11日、in silicoによる抗体の設計と研究開発を手掛ける米Visterra社を4億3000万ドル(約482億円)で買収すると発表した。
次世代医療基盤法、認定事業者は「初年度に100万人以上の情報収集」を  from 日経バイオテクONLINE  (2018-7-13 8:00) 
 医薬品医療機器レギュラトリーサイエンス財団は2018年7月12日、エキスパート研修会「ICTがもたらす企業変革―未来の製薬産業を思い描く―」を開催した。基調講演に登壇した内閣官房の健康・医療戦略室企画官の堀内直哉氏は5月に施行されたばかりの「次世代医療基盤法」について、法律の趣旨や認定事業者の条件などを詳しく説明した。
政府の審議会、AMEDの2018年度業務実績評価について議論  from 日経バイオテクONLINE  (2018-7-13 8:00) 
 政府の日本医療研究開発機構審議会(会長=田辺国昭・東京大学大学院法学政治学研究科・公共政策大学院教授)は2018年7月11日、日本医療研究開発機構(AMED)の2018年度業務実績評価について議論した。今回の議論を参考に、主務大臣(内閣総理大臣、厚生労働大臣、文部科学大臣、経済産業大臣)による評価結果が取りまとめられる。
環境省、カルタヘナ法ゲノム編集技術等検討会の委員13人を決定  from 日経バイオテクONLINE  (2018-7-13 8:00) 
 環境省のカルタヘナ法におけるゲノム編集技術等検討会の委員13人が決まった。2018年7月11日に公開で開催された中央環境審議会自然環境部会遺伝子組換え生物等専門委員会(平成30年度第1回)にて、同検討会の設置が決まった。検討会の委員13人とその座長を、中央環境審議会自然環境部会遺伝子組換え生物等専門委員会の委員長を務める磯崎博司・岩手大学名誉教授が指名する。検討会を原則公開で2回開催して、ゲノム編集技術についてカルタヘナ法の規制対象範囲の整理等を行い、次いで第2回遺伝子組換え生物等委員会で報告を取りまとめ、パブリックコメントを経て2018年10月までに中央環境審議会自然環境部会に検討結果を報告する予定だ。事務局は、自然環境局野生生物課外来生物対策室が務めている。
超音波治療は認知症患者に朗報となるか  from 日経バイオテクONLINE  (2018-7-13 8:00) 
 アルツハイマー病患者の脳に蓄積したアミロイドβ(Aβ)を、薬ではなく特殊な条件の低出力パルス波超音波(low-intensity pulsed ultrasound: LIPUS)によって減少させる新しい治療法の探索的医師主導治験を、東北大学大学院医学系研究科循環器内科の下川宏明教授を中心とするグループが開始した。アルツハイマー病の治療は、コリンエステラーゼ阻害薬の使用が一般的であり、次世代の治療法としてアミロイドβ(Aβ)の蓄積を遅らせることを主眼とした抗体治療の臨床開発が進んでいる。LIPUS治療はこれら薬物療法とは全く異なった原理を持つ画期的な治療法であり、治験の結果が非常に注目される。
【日経バイオテクONLINE Vol.2965】、バイオ医薬のAGの薬価は“0.5掛け”でどうなる?  from 日経バイオテクONLINE  (2018-7-13 8:00) 
 2018年7月10日、バイオシミラー協議会が第4回バイオシミラーフォーラムを開催。終了後の記者会見で、厚生労働省医政局経済課ベンチャー等支援戦略室の飯村康夫室長がバイオ医薬のオーソライズド・ジェネリック(AG)の薬価について、「現状では後発医薬品と同様、先発品の“0.5掛け”となる」と見解を述べました。
エディットフォース、RNAを標的とする加齢黄斑変性治療薬を開発へ  from 日経バイオテクONLINE  (2018-7-13 8:00) 
 エディットフォース(福岡市中央区、中村崇裕社長)は、2018年7月12日、日本革新創薬(名古屋市千種区、岩?順一郎)と、細胞内のRNAを標的とする加齢黄斑変性に対する医薬品を創製するため、共同研究契約を締結したと発表した。
【機能性食品 Vol.343】、キッコーマンの血圧高め対策醤油が1日分8円に、ライオンがラクトフェリンに「腸ま  from 日経バイオテクONLINE  (2018-7-13 8:00) 
 今日(2018年7月13日)と明日は、東京農業大学の世田谷キャンパスで開催の日本乳酸菌学会2018年度大会を取材します。  乳酸菌やビフィズス菌の菌株名に注目した記事とりまとめを進めております。
【日経バイオテクONLINE Vol.2964】、Wmの憂鬱、天才Feng Zhang氏の第2、第3のゲノム編集ベンチャーの狙い  from 日経バイオテクONLINE  (2018-7-12 11:30) 
 あまりの天才ぶりに、ボストンでは「未来から来た少年」とあだ名される米Massachusetts Institute of Technology(MIT)のBroad InstituteのFeng Zhang主任研究員に、先週京都でお会いしました。全く、普通の学生の趣。背も日本人並みで凡庸なイメージでしたが、講演するとそのアイデアは素晴らしかった。2018年4月にZhang氏が設立した2番目、3番目のゲノム編集のベンチャー企業の狙いをズバリ聞いてみました。ゲノム編集にも次世代の流れを巻き起こしていました。 http://zlab.mit.edu/  ここからは申し訳ありませんが有料で全文をお楽しみ願います。Wmの憂鬱Premiumサイト( https://bio.nikkeibp.co.jp/wm/ )からならお得な料金(個人カード払い限定、月間500円で読み放題)で購読いただけます。以前のバックナンバーもまとめてお読みいただけます。 ※日経バイオテクONLINEの読者は、日経バイオテクONLINEのサイトから記事にアクセス願います。
米Athenex社、新規TCR-T療法で中国Xiangxue Life Sciences社などと提携  from 日経バイオテクONLINE  (2018-7-12 8:00) 
 米Athenex社は、2018年7月2日、新規の癌免疫療法であるT細胞受容体(TCR)遺伝子導入T細(TCRT)胞療法について、パイプライン拡大に向けたイニシアチブと1億ドルの戦略的投資に関する契約を締結したと発表した。



« 1 2 3 (4) 5 6 7 8 9 10 11 [5377] »