ログイン
メインメニュー


logo

リンク集



  メイン  |  登録する  |  人気サイト (top10)  |  高評価サイト (top10)  |  おすすめサイト (7)  |  相互リンクサイト (1)  

  カテゴリ一覧  |  RSS/ATOM 対応サイト (17)  |  RSS/ATOM 記事 (56274)  |  ランダムジャンプ  

RSS/ATOM 記事 (56274)

ここに表示されている RSS/ATOM 記事を RSS と ATOM で配信しています。


rss  atom 

伊藤勝彦の業界ウォッチ、海外大手企業の2019年度上半期の決算概要―米AbbVie社編  from 日経バイオテクONLINE  (2019-9-6 8:00) 
 欧米の製薬企業の2019年度第2四半期決算の発表が2019年7月末から始まった。超ブロックバスターである「ヒュミラ」の動向が注目される、米AbbVie社の業績について報告する。
独Immatics社と米Celgene社、固形癌の養子細胞治療の開発で提携  from 日経バイオテクONLINE  (2019-9-6 8:00) 
 Immatics Biotechnologies社は2019年8月28日、Celgene社と固形癌を対象とする養子細胞治療(ACT)の共同開発契約を締結したと発表した。Immatics社専有の癌抗原同定技術基盤「XPRESIDENT」とT細胞受容体(TCR)の同定・改変技術基盤「XCEPTOR」を活用し、3品目の創出を目指す。
第71回日本生物工学会大会、トピックス29題のうち企業関連は10題  from 日経バイオテクONLINE  (2019-9-6 8:00) 
 日本生物工学会の第71回大会が2019年9月16日から18日まで、岡山大学津島キャンパスにて開催される。2019年5月に会長(任期は2年)に就任した高木昌宏・北陸先端科学技術大学院大学教授、大会の実行委員長を務める学会の西日本支部長/広報担当理事である稲垣賢二・岡山大学教授、学会の広報担当理事を務める吉田聡・キリンホールディングスR&D本部ワイン技術研究所主任研究員(主査)の3人が、9月2日に都内で記者会見を開き、講演要旨集とトピックス集を配布した。表紙の色は、講演要旨集が明るい緑で、トピックス集がピンク。「岡山で大会を開催するのは今回が初めて。岡山特産の果物の色を表紙に採用した。緑はシャインマスカット、ピンクは桃」と、稲垣実行委員長は話した。600題余りの一般講演の中から選ばれた29題トピックスのうち、企業所属者が講演者に名を連ねる10題を、記事後半に掲載する。
伊藤勝彦の業界ウォッチ、平成の薬史(7-3)抗炎症薬は生物学的製剤を中心とした新薬が市場を牽引  from 日経バイオテクONLINE  (2019-9-6 8:00) 
関節リウマチ治療薬を含む抗炎症薬について、1989年(平成元年)度に980億円だった市場は、09年(平成21年)には2000億円、2018年(平成30)度には3600億円まで拡大し、この10年間で1.80倍となった。特に平成中期、生物学的製剤を中心とした新薬が市場を牽引。平成後期にも2つの新薬が登場して市場拡大に寄与した結果だ
第6回日経アジア・アフリカ感染症会議、官民でアジアに臨床試験プラットフォーム構築へ、エボラやAMRも議題  from 日経バイオテクONLINE  (2019-9-6 8:00) 
 日本経済新聞社と英フィナンシャル・タイムズは2019年8月31日から9月1日にかけて、横浜市で第6回日経アジア・アフリカ感染症会議を開催した。結核、エボラウイルス病(エボラ出血熱)、マラリアに対する官民協力(Public Private Partnership:P3)による具体的な方策に加え、薬剤耐性(AMR)やアジア・アフリカにおける感染症臨床試験プラットフォームの構築についても議論された。
小崎J太郎のカジュアルバイオ、治療アプリからバーチャル治験のインフラへ  from 日経バイオテクONLINE  (2019-9-5 8:00) 
スマホなどを利用して患者から集めた記録(Personal Health Record:PHR)を診療支援や実際の治療に使う試みが活発化している。この流れは、臨床研究や治験にも向かいそうだ。
米研究者、全身性のチェックポイント阻害薬で脳腫瘍を治療できる可能性  from 日経バイオテクONLINE  (2019-9-5 8:00) 
 米Cedars-Sinai医療センターのJulia Ljubimova氏らは、マウス神経膠芽腫モデルを用いて、チェックポイント阻害薬を含む、nanoscale immunoconjugates (NICs)を全身性に投与すると、血液脳関門を通過し、腫瘍の周囲の免疫細胞を活性化して、腫瘍細胞の増殖を抑制、個体の生存期間が延びることを示した。研究の詳細は、Nature Communications誌オンライン版に2019年8月28日に報告された。
Oncology◎WCGC2019・大腸癌、BRAF遺伝子変異陽性大腸癌の標準治療を変えうる新たな治療法が登場  from 日経バイオテクONLINE  (2019-9-5 8:00) 
(編集部注)大腸癌に詳しい医師に、大腸癌診療の最新動向のレビューをしていただいた。
経口の腎性貧血治療薬「HIF活性化薬」のインパクト  from 日経バイオテクONLINE  (2019-9-5 8:00) 
 血液疾患治療は新薬が続々と登場したことで新たなステージに突入した。さらに遺伝子操作などの最先端技術は、血液細胞を“改造”することで、新しい治療法を生み出し始めている。血液に関連した最新技術を紹介する。
英AZ社、全身性エリテマトーデスに対する抗IFN抗体のフェーズIII2件目でエンドポイント達成  from 日経バイオテクONLINE  (2019-9-5 8:00) 
 英AstraZeneca社は、2019年8月29日、中等症から重症の活動性の全身性エリテマトーデス(SLE)を対象に実施していたI型IFN受容体に対する完全ヒトモノクローナル抗体、anifrolumab(MEDI-546)の二重盲検の無作為化フェーズIII(TULIP2試験)で、主要エンドポイントを達成したと発表した。



« [1] 4 5 6 7 8 (9) 10 11 12 13 14 [5628] »