ログイン
メインメニュー


logo

リンク集



  メイン  |  登録する  |  人気サイト (top10)  |  高評価サイト (top10)  |  おすすめサイト (7)  |  相互リンクサイト (1)  

  カテゴリ一覧  |  RSS/ATOM 対応サイト (17)  |  RSS/ATOM 記事 (56274)  |  ランダムジャンプ  

RSS/ATOM 記事 (56274)

ここに表示されている RSS/ATOM 記事を RSS と ATOM で配信しています。


rss  atom 

ステムリム、2020年中に肝硬変と変形性膝関節症、心筋症の治験開始  from 日経バイオテクONLINE  (2019-9-17 8:00) 
 ステムリムは2019年9月13日、2019年7月期の決算説明会を開催した。今後の成長戦略として2020年中に肝硬変と変形性膝関節症、心筋症を対象とする治験を開始する計画を説明した。
小崎J太郎のカジュアルバイオ、深層学習の遺伝子解析応用に道拓く  from 日経バイオテクONLINE  (2019-9-17 8:00) 
 “深層学習(ディープラーニング)といえば画像認識”のイメージが強い。遺伝子解析に、潜在的な能力が期待できる深層学習を利用したくても、非画像データである遺伝子データではそれが難しかった。そこで、非画像データを画像データに変換する方法「DeepInsight(ディープインサイト)法)」が開発された。人工知能を活用して遺伝子データを解析する新たな基盤技術になる可能性がある。この成果は、英国のオンライン科学雑誌「Scientific Reports』(2019年8月6日付)で報告された。
伊藤勝彦の業界ウォッチ、平成の薬史(7-9)日本発のブロックバスターと令和のブロックバスターを予測  from 日経バイオテクONLINE  (2019-9-17 8:00) 
 1989年1月から2019年4月までの平成時代を前期、中期、後期の3つに分け、医療用医薬品市場における栄枯盛衰を、医薬品業界アナリストの伊藤勝彦氏に振り返ってもらう連載の第7回。最終回の今回は平成を振り返っていただき、日本企業が創製したブロックバスターをまとめてもらった
米Trucode社、次世代型のtriplex遺伝子編集技術の開発を推進  from 日経バイオテクONLINE  (2019-9-17 8:00) 
 米Trucode Gene Repair社は、2019年9月10日、Kleiner PerkinsやGV(旧社名はGoogle Ventures)などから3400万ドルを得て、次世代型in vivo遺伝子編集技術の開発を進めていることを明らかにした。対象となる疾患は、鎌状赤血球貧血や嚢胞性線維症、その他の重篤になりうる遺伝病だという。
米Passage Bio社、資金調達でAAVを用いた遺伝子治療の開発加速へ  from 日経バイオテクONLINE  (2019-9-17 8:00) 
 遺伝子治療の開発を手掛ける未上場ベンチャーの米Passage Bio社は、2019年9月4日、シリーズBを完了し、1億1000万ドルを調達したと発表した。
英4BIO Capital社、最先端治療開発への投資資金54億円超を調達  from 日経バイオテクONLINE  (2019-9-17 8:00) 
 最先端治療開発への集中的な投資活動を展開する国際的ベンチャーキャピタル4BIO Capital社は、2019年9月9日、同社2番目のベンチャーファンド「4BIO Ventures II」に、5000万ドル(約54億円)を超える資金を確保したと発表した。医療ニーズの高い革新的な治療法を開発する株式非公開企業の8社から12社に出資する計画だ。
伊藤勝彦の業界ウォッチ、海外大手企業の2019年度上半期の決算概要―米Eli Lilly社編  from 日経バイオテクONLINE  (2019-9-17 8:00) 
 欧米の製薬企業の2019年度第2四半期決算を読み解くシリーズ連載。今回はこれまであまり積極的ではなかった企業買収を活発化させ、癌領域を中心としたパイプライン強化を図っている米Eli Lilly社について報告する。
経産省、2020年度にカーボンリサイクルに向けた新事業立ち上げへ  from 日経バイオテクONLINE  (2019-9-17 8:00) 
 経済産業省は2019年8月30日、2020年度予算の概算要求を行った。2020年度の経済産業省の概算要求予算額は1兆4292億円で、2019年度の当初予算額である1兆2421億円と比較し15.1%増となった。バイオに関連する事業や取り組みが複数立ち上がった。
【日経バイオテクONLINE】、Mmの憂鬱、皮肉にも国民病となった帯状疱疹に予防ワクチン登場  from 日経バイオテクONLINE  (2019-9-17 8:00) 
 5年前、引っ越しのストレスで帯状疱疹を発症しました。痛いだけでなく、発症した神経節によっては視覚や聴覚などに後遺症が残ったり、発疹が収まっても、ピリピリする神経痛という後遺症が残ったりする場合もある厄介な疾患です。しかも、50歳以上で発症率が急激に高まり、わが国で発症する年間60万人の帯状疱疹患者の70%が50歳以上でした。今後の高齢化の進展により患者数が増加、80歳以上になると3人に1人が発症する国民病でもあります。この疾患を予防する組換えワクチンが近く、わが国でも発売される見込みになりました。帯状疱疹は小児のころ感染した水痘帯状疱疹ウイルス(VZV)が患者の脊椎後根神経節に潜伏し、加齢や薬物などによって免疫系が低下した時に、増殖を始め、発症するものです。高齢化社会が進行するにつれて、帯状疱疹の患者数は増加しており、先進国の大きな課題となっています。しかし、調べて見ると、これは我が国で開発された水痘ウイルスの生ワクチンの大成功が生み出した、新たなリスク(といっては失礼でしたが)でもありました。  ここからは申し訳ありませんが有料で全文をお楽しみ願います。Mmの憂鬱Premiumサイト(https://bio.nikkeib ...
英AZ社、米Schrodinger社の技術を利用して創薬過程を加速へ  from 日経バイオテクONLINE  (2019-9-13 8:00) 
 英AstraZeneca社は、2019年9月4日、米Schrodinger社と協力し、同社の先進的なコンピューター計算技術を利用して創薬過程を加速すると発表した。



« 1 (2) 3 4 5 6 7 8 9 10 11 [5628] »