ログイン
メインメニュー


logo

リンク集



  メイン  |  登録する  |  人気サイト (top10)  |  高評価サイト (top10)  |  おすすめサイト (7)  |  相互リンクサイト (1)  

  カテゴリ一覧  |  RSS/ATOM 対応サイト (17)  |  RSS/ATOM 記事 (55820)  |  ランダムジャンプ  

RSS/ATOM 記事 (55820)

ここに表示されている RSS/ATOM 記事を RSS と ATOM で配信しています。


rss  atom 

国がん間野氏、「C-CATの情報活用した研究成果には知財を要求せず」  from 日経バイオテクONLINE  (2019-6-11 8:00) 
 2019年6月10日、LINK-J主催のシンポジウム「がん医療のイノベーション」の基調講演に、国立がん研究センター理事で国立がん研究センター研究所の間野博行所長が登壇し、国内外の癌ゲノム医療(癌クリニカルシーケンス)の状況について講演した。国内では、保険診療での癌ゲノム医療でがんゲノム情報管理センター(C-CAT)にゲノム情報や臨床情報が蓄積・活用されることになっている。それについて、間野所長は、「C-CATに蓄積された情報から、バイオマーカーや治療薬が開発された場合、C-CATは知的財産権を要求しない」と明らかにした。
米Amicus社とPenn大、希少疾患に対する遺伝子治療の開発で協力を拡大  from 日経バイオテクONLINE  (2019-6-11 8:00) 
 米Amicus Therapeutics社と米Pennsylvania大学医学部(Penn)は、2019年5月29日、希少疾患に対するAAVベクターを用いた遺伝子治療の開発を目的として、2018年10月に締結した共同研究・ライセンス契約を拡大すると発表した。
Dow DuPont社、事業統合でDuPont Nutrition&Bioscience社誕生  from 日経バイオテクONLINE  (2019-6-11 8:00) 
 米Dow DuPont社の特殊化学品事業部門DuPont社は、Nutrition & HealthとIndustrial Biosciencesの2つの事業を統合し、DuPont Nutrition & Bioscience事業(以降、DPNB社と記載)に改組したことを2019年5月29日に発表した。
Oncology◎ASCO2019、循環腫瘍細胞数が3個以上の進行大腸癌の1次治療はFOLFOXIRI+ベバシズマブがFOLFOX+  from 日経バイオテクONLINE  (2019-6-11 8:00) 
 ベースラインの循環腫瘍細胞数が3個以上の進行大腸癌に対する1次治療として、FOLFOXIRI+ベバシズマブとFOLFOX+ベバシズマブの効果が検証された。
Oncology◎ASCO2019、多発性骨髄腫でダラツムマブ皮下投与は静脈内投与に対して非劣性を示す  from 日経バイオテクONLINE  (2019-6-11 8:00) 
 再発・難治性多発性骨髄腫(RRMM)において、抗CD38モノクローナル抗体ダラツムマブの皮下投与と静脈内投与の比較検証が行われた。
京大病院、子宮頸癌の発症予防目指しCDK9阻害薬の医師主導治験開始へ  from 日経バイオテクONLINE  (2019-6-11 8:00) 
 京都大学医学部附属病院は、2019年6月、京都大学大学院医学研究科の萩原正敏教授が創製し、キノファーマ(東京・中央、黒岩眞史代表取締役・小野木博代表取締役)が開発中のサイクリン依存性キナーゼ9(CDK9)阻害薬のFIT039/RKP00156(膣錠)について、子宮頚部上皮内腫瘍(cervical intraepitherial neoplasm:CIN)を対象とした医師主導治験(フェーズI/II)をスタートさせる。
Oncology◎ASCO2019、ニボルマブ+イピリムマブは中・高リスクで肉腫様変化を認める進行RCCに有用な可能性  from 日経バイオテクONLINE  (2019-6-11 8:00) 
 未治療の進行腎細胞癌(RCC)で肉腫様変化を認め、IMDCリスク分類で中/高リスクの患者に対し、1次治療としてのニボルマブとイピリムマブの併用の効果が検証された。
Oncology◎ASCO2019、多発性骨髄腫にisatuximabとポマリドミド、低用量デキサメタゾンの併用はPFS改善と深  from 日経バイオテクONLINE  (2019-6-11 8:00) 
 再発・難治性多発性骨髄腫(RRMM)に対する、抗CD38モノクローナル抗体isatuximabとポマリドミド、低用量デキサメタゾンの併用療法の効果が検証された。
キャリアアドバイザーの業務日誌(第17回)、稀有な転職チャンスをつかんだ、プライマリー領域のMRの成功事  from 日経バイオテクONLINE  (2019-6-11 8:00) 

EMA、革新的医薬品の開発促進制度をAMR対策に活用へ  from 日経バイオテクONLINE  (2019-6-10 8:00) 
 欧州医薬品庁(EMA)は、現在、欧州で、医薬品開発早期段階に規制当局と開発企業が協議し、画期的な医薬品の研究開発を促進する制度であるInnovation Task Force(ITF)を活用して、抗菌剤薬剤耐性(AMR)を克服するための薬剤開発を促進する方針だ。EMAが2019年5月24日に明らかにした。



« [1] 6 7 8 9 10 (11) 12 13 14 15 16 [5582] »