ログイン
メインメニュー


logo

リンク集



  メイン  |  登録する  |  人気サイト (top10)  |  高評価サイト (top10)  |  おすすめサイト (7)  |  相互リンクサイト (1)  

  カテゴリ一覧  |  RSS/ATOM 対応サイト (17)  |  RSS/ATOM 記事 (56274)  |  ランダムジャンプ  

RSS/ATOM 記事 (56274)

ここに表示されている RSS/ATOM 記事を RSS と ATOM で配信しています。


rss  atom 

【日経バイオテクONLINE】、Mmの憂鬱、市場の失敗が生んだAMR(多剤耐性菌)問題  from 日経バイオテクONLINE  (2019-9-5 8:00) 
 まずは訂正です。「再生医療の本命ステミラックで生じるRapid Recoveryの謎」の記事で、ステミラックの脳梗塞の治験登録を中断していると書きましたが、現在も継続しておりました。謹んで訂正いたします。 https://bio.nikkeibp.co.jp/atclwm/column/19/08/29/00507/?ST=wm  2019年8月31日から9月1日まで、横浜で開催した日経アジア・アフリカ感染症会議では、官民協力(P3)の有効性が改めて確認され、タイとインドネシアのアジア2か国に臨床試験プラットフォームを樹立するという私たちのP3提案に政府が来年度予算で支出することがほぼ決まりました。大きな前進です。更に、大坂のG20でも議論された多剤耐性菌(AMR)の問題を解決すべく、第五の分科会(AMR)を設立することも決まりました。プル型のインセンティブなど、従来の研究開発促進策(プッシュ型)では、AMRは解決できません。隠れたグローバル・イッシュウであるAMRをどう解決するのか? 衆知の集めどころです。  ここからは申し訳ありませんが有料で全文をお楽しみ願います。Mmの憂鬱Premiumサイト(https://bio.nikkeibp.co.jp/wm/ )からならお得な料金(個人カード払い限定、月間500円で読み放題)で ...
13番目の神薬の作り方 中国の口コミマーケティング活用法  from 日経バイオテクONLINE  (2019-9-4 8:00) 
 1日にして新宿のマツキヨ店舗から、12種類のアイテムが商品棚から消えた。2017年に出されたWeChat(微信:中国最大の対話アプリ)の記事「日本のドラッグストアで買うべき『12の神薬』」が火付け役となって一気に口コミが広まり、その日のうちにその該当アイテムが全て売り切れとなったのだ。
主要バイオ特許の公開情報、2019年8月29日発行分(公開番号・発明の名称・出願人・要約)  from 日経バイオテクONLINE  (2019-9-4 8:00) 
一般社団法人発明推進協会が発行する「特許公報」2019年8月29日発行分より、バイオ関連と判断できる主な特許の公開情報を以下に掲載します。
米Ionis社、英GSK社にHBVに対するアンチセンス薬をライセンス  from 日経バイオテクONLINE  (2019-9-4 8:00) 
 核酸医薬を開発している米Ionis Pharmaceuticals社は、2019年8月27日、英GlaxoSmithKline(GSK)社がオプションを行使し、Ionis社の慢性B型肝炎ウイルス(HBV)感染症に対するアンチセンス薬プログラムのライセンスを獲得すると発表した。
米Arvinas社、乳癌対象にERの標的蛋白質分解誘導薬がフェーズIへ  from 日経バイオテクONLINE  (2019-9-4 8:00) 
 Arvinas社は2019年8月27日、エストロゲン受容体(ER)分解誘導薬ARV-471のフェーズI(NCT04072952)を開始すると発表した。対象は、局所進行性、または転移性のER陽性/HER2陰性乳癌患者で、米食品医薬品局(FDA)が同年第2四半期に臨床試験実施申請(IND)を認可した。
Oncology◎日本乳癌学会2019、転移・再発乳癌の治療で進むパラダイムシフト  from 日経バイオテクONLINE  (2019-9-4 8:00) 
 転移・再発乳癌の治癒は難しいとされてきたが、乳癌診療で今、さまざまなパラダイムシフトが起こりつつある。
主要バイオ特許の登録情報、2019年8月28日発行分(登録番号・発明の名称・出願人・要約)  from 日経バイオテクONLINE  (2019-9-4 8:00) 
 一般社団法人発明推進協会が発行する「特許公報」2019年8月28日発行分より、バイオ関連と判断できる主な特許の登録情報を以下に掲載します。
内閣府SIP第2期スマートバイオ、ゲノム編集のPAに「Bio-station」公開  from 日経バイオテクONLINE  (2019-9-4 8:00) 
 “ゲノム編集のすべてが分かる!”を標榜する「バイオステーション(Bio-station)」のWebサイトが2019年9月3日に公開された(https://bio-sta.jp/)。事務局は、農林水産省系の公益社団法人である農林水産・食品産業技術振興協会(JATAFF)に置かれている。
【日経バイオテクONLINE】、Mmの憂鬱、イノベーションの敵の正体  from 日経バイオテクONLINE  (2019-9-3 8:00) 
 日経アジア・アフリカ感染症会議で消耗、くたくたなので、本日は極めて短く参りますが、ご容赦願います。皆さんは、今、アフリカの空で既に輸血や血液サンプルの輸送でドローンが大活躍していることをご存知でしょうか? また、スマートフォンを使った遠隔診療などデジタルヘルスの分野でも、アフリカ諸国で実用化が急速に進んでいることを承知していらっしゃいますか? 今回、アフリカ開発会議に続いて開催した日経アジア・アフリカ感染症会議では、アフリカから講師も招いており、少なくともドローンやデジタルイノベーションが遙かに米国や日本より進んでいることに、目から鱗(うろこ)が落ちました。その理由を、皆さん、お分かりでしょうか?  ここからは申し訳ありませんが有料で全文をお楽しみ願います。Mmの憂鬱Premiumサイト(https://bio.nikkeibp.co.jp/wm/ )からならお得な料金(個人カード払い限定、月間500円で読み放題)で購読いただけます。以前のバックナンバーもまとめてお読みいただけます。 ※日経バイオテクONLINEの読者は、日経バイオテクONLINEのサイトから記事にアクセス願います。
国がん、HER2陽性胆道癌を対象にHER2に対するADCの治験を開始  from 日経バイオテクONLINE  (2019-9-3 8:00) 
国立がん研究センターは、2019年9月2日、HER2陽性の胆道癌を対象に、第一三共が創成した、抗HER2抗体薬物複合体(ADC)であるトラスツズマブデルクステカン(DS-8201)の医師主導治験(フェーズII)を開始すると発表した。国立がん研究センター中央病院をはじめ5施設による多施設共同で、現在患者の組み入れを行っている。



« [1] 5 6 7 8 9 (10) 11 12 13 14 15 [5628] »